--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 11. 13  
有川浩の自衛隊三部作の最後。この本の装丁が好きv

海の底海の底
(2005/06)
有川 浩

商品詳細を見る


作者によるとコンセプトは「潜水艦で十五少年漂流記」とのこと。あー、うん、そこから始まったのはわかります。

横須賀に巨大ザリガニが地を覆うほどに上陸。人を襲い始める。逃げ場を失った16人は潜水艦「きりしお」へと避難。ザリガニのせいで艦を動かすこともできなければ、空からの救助も危うい。艦で実習中だった夏木と冬原、基地の祭りに来ていた13人の子供たちの6日間と、非常事態に立ち向かう機動隊のお話。

まず、潜水艦外のこと。陸の方は自衛隊より機動隊のがんばりが熱いです。自衛隊を引っ張り出すまでが長い長い。お役所はいろいろ縛りがあるのでそうなっちゃうんですね。特に自衛隊は。
艦の中の子供たちは、コンセプト通りってとこでしょうか。こうありたい、と願う自分に近づこうとするのは好きです。大人二人は、本人たちがどう思ってたにしろ、やっぱり相当ちゃんと「大人」してたと思うんですがね。私の年齢は彼らより上だけど、あの状況に放り込まれたら、もっと悲惨な事になると思う。普段から責任とか避けて通ってるし。

三部作では「空の中」が良かったな。次が「塩の町」か。番外編の「クジラの彼」はやっぱり本編読んでからの方が良かったなぁ。今更だけど。これはちょっと途中で集中力が切れた…
NEXT Entry
紅葉
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
有川浩  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。