--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 10. 25  
初・東野圭吾。この人の作品ドラマ化とかで興味はあったんですがね。「白夜行」とかの文庫を見て引いた… なんなのあの厚み! 私は長編とかシリーズもん好きなくせに、分厚い文庫には恐れをなします。だから京極夏彦も未読。我ながら矛盾してる。かといって「ガリレオ」もドラマちらっと見た感じからは、あまり興味も覚えず。
この本は同僚から半強制的に貸し出されました(^^;) 広告を見た覚えがあって、テーマに興味は覚えたものの、事件のきっかけがエグそうなので手にしなかったのに、「大丈夫だから」と…

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る


妻を亡くした後、高1の娘と二人で暮らす、普通のサラリーマン・長峰。だが花火大会の夜、娘は帰宅せず数日後、川の岸辺に打ち上げられた。悲嘆にくれる長峰の元に、犯人を密告する電話が入る。警察の対応に不満を抱いていた長峰は自分の目で確かめようと動き始める。凌辱され、殺された娘の復讐は果たせるのか。

心配していた点については、確かに大丈夫でした。娘視点は一切ないし、何が起こったのかの描写もこれくらいなら平気。
少年法に守られた犯人と、被害者と家族の無念さ。長峰の警察への手紙に心を打たれる。その中で「一度生じた「悪」は永遠に消えないのです」というのが、とても印象に残った。殺されたものは還ってきはしない。長峰が法に任せず、復讐を果たすなら自分の手でというのはよくわかる。この本の中でも長峰の行動にたいする世間の反応が出てくるが、一番多く半数を占めるのが、気持ちはわかるが殺人はいかん、というもの。実際にはどうなるんだろうな。私はやればいいと思う。
私刑はいかんというね。法治国家だからと。でも、何で人を殺して、たった数年で塀の外へ出てこられるの? 収監、更生、社会復帰にいろんな問題があるのは知ってる。でも何の罪もなく殺された側にこれで納得しろなんて無理だよ。ついでに私は死刑廃止にも反対だ。話せば分かるとか、性善説など信じない。死刑についてはえん罪問題とかいろいろあるけど。だからって廃止せんでいい。
犯人親子の関係もな、酷いのばかりだったな。ウチはニュースとか見てて「あんたがこんな事したら、あんたを殺して私も死ぬ」って教育でした(^^;) そういいつつも甘い親なので、どこまで本気かわかりませんが。この話の親も皆悪い方に甘いな。親業は難しそうだよなぁ。あぁはなりたくないけど。

この本は一日で読了。
どうなるんだろうと、止められなくて。結末は、こんなもんかと思う。妥当っていうか。
何が解決されたわけでもなく、今ある問題がそのまま提示されて終わってる。目新しさはないけれど、ひっぱり込まれるのは文章力のなせる業か。
相変わらずこの作者に興味はあるけど、内容がドロドロしてるのは好きじゃないのよね。ということで読了後もあまり変化なしでした。
NEXT Entry
「六番目の小夜子」
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
東野圭吾  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。