--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 08. 16  
引っ越す時にこの本を探し回ったけど見つけられず、一年近くたってから、単行本で読んだのであって文庫は未発売だったことを思い出した(><)絶対手元にあると思ってた…… 発売日にゲット。文庫版の表紙も素敵。

獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)獣の奏者 4完結編 (講談社文庫)

獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)
(2012/08/10) 上橋 菜穂子  商品詳細を見る

獣の奏者 4完結編 (講談社文庫)
(2012/08/10) 上橋 菜穂子  商品詳細を見る

書影が暗いな。とても美しいのに。

初めてこの本を読んだ時の感想はコチラを見た方がいいだろう。過去の自分の長文にビックリだ。それだけ受けた感動というか衝撃が大きかったんだなぁ。タイミングの問題もあるけど、本を読んで平常心を失うってあんまりないもの。今回は内容をおおよそ覚えているし、用心しながら読んだので大丈夫w

前と違って、ジェシに目が行ったかな。エリンとイアルの事は外伝で詳しくわかっているし。残された時間が短いことを知っていると、ジェシの成長が胸に迫る。おしゃべりってことは頭の回転も速いってことだ。両親を見て、周囲の状況を見て、感じていく部分が痛い。
前回の感想にも書いたけれど、これはエリンの物語。作者の文庫版あとがきを読んで、やっぱりそうだったんだなぁ、そうでしょう、そうでしょうと納得。そしてエリンに他の道はなかったのだろうかという問い。私の頭では考え付かなかった答え。それを作者も必死に探したのだと知ってなんだか安心した。作品を書くにあたり、ジェシの独白が頭にあったのなら、エリンの行く末も作者の無意識にはあったのかもしれない。でもきっと、読んで誰もが思うであろう、「他の道」が検討されていたという事は、エリンの人生の結末に救いをくれた気がする。


NEXT Entry
更新休止のお知らせ
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
上橋菜穂子  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。