--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 11. 11  
直木賞受賞作ですね。受賞してなくても手を出したかも。こういう話は好き。テレビとかでも見る。

下町ロケット下町ロケット
(2010/11/24)
池井戸 潤

商品詳細を見る


東京の下町。従業員200名の中小企業の二代目社長・佃。過去に、研究者として携わったロケットは打ち上げに失敗。引責辞職したあとも、継いだ会社で研究を続けていた。順調に成長していた会社だが、主力商品の小型モーターが大手に特許侵害で訴えられ、資金繰りは赤信号。そんな中、航空宇宙最大手・帝国重工は新型ロケットエンジンのキーテクノロジーのバルブ特許が佃製作所に先を越されている事を知る。両者の駆け引きの行方は。

いやぁ、面白かった。そして泣いた。佃の社員が一致団結するところ、中小企業舐めんなよ、という心意気・佃プライドが良かった。前半は大手に泣かされる中小企業の苦節。これ、かなりわかる。大手の傲慢さもわかる。社内の人間関係とかも、あぁこういうのあるだろうなって。私はどっちも見てきたと言えるかな。いろんなことがダブる。
しかし、よくこんだけの内容を詰め込んだなぁ。当然、私が知らないことも山ほどあって、そういうのはとても興味深い。金をとるのか、夢を取るのか? 金がないと生きていけないけど、仕事に夢はあった方がいいよ。佃の答えに同意。ただ、未来を見ることはできないから、何を選ぶのかは何時だってとても難しい。仕事ってさ、起きてる時間のほとんどを使ってるわけだから、充実してるに越したことない。理想だけど、それもまた、なかなか難しい……
詳しいあらすじは知らなかったというか、すでに忘れていたのだけど、もっとほのぼの人情ものかと思いきや、大部分が経済小説だよなぁ。読み終わって爽快。佃製作所がかっこいい話だな。人としてダメなやつが何人も出てくるけど、あぁはなりなくないな。謙虚さは大事だな。経理部長でトノサマバッタ似の殿村が、キャラとしてはピカ一だった。

この人の他の本も読んでみよう。

NEXT Entry
「RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日」
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
池井戸潤  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。