--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 09. 12  
平日に1冊サクっと読めちゃったのはすごく久しぶりです。荻原規子最新作。

RDG レッドデータガール  はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG レッドデータガール はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2008/07/04)
荻原 規子

商品詳細を見る


紀伊産地の霊山にある神社で暮らす泉水子(いずみこ) 中3の彼女の進学問題を糸口に物語は回り始める。隔絶された「お山」(世界遺産)に住んでいる上に、泉水子自身も内気で外見も現代っ子からはほど遠い。その事に気づき「普通の子になりたい」と一歩踏み出したことが大きな転機となる。そして山伏の子としてちょっとは修業しつつも、本気で信じてはいなかったという同い年の少年・深行(みゆき) 強引な再会をさせられた上に、幼少時のいじめっ子・いじめられっ子の関係が尾を引き最悪なところから始まる二人が、自分たちが巻き込まれている物に対して知ろうとし始めていく。

すっかり引き込まれました。正直、これ1冊で大長編の序章じゃないかと思わせるお話。
守られた神聖な土地で、けれど宗教とは距離を置いて生きてきた泉水子が、自分自身の事、自分の置かれている立場の事を知り始める。泉水子も深行もそして読者もわからないことだらけだ。よくよくわかっているだろう泉水子の両親はこの本ではほとんど姿を現さ(せ)ないし、山伏である深行の父・雪政も話してくれたのはほんの一部だ。
どこか勾玉シリーズに繋がる感じのする物語。お話の中の、空と山との「目で見るものではない喜ばしいきずな」という表現が「お山」の感じをすごくよく表しているんじゃないかと感じた。自分自身にそんな経験があるとは思い浮かばないけれど、わかる気がする。
続きがとても楽しみ。

以下はネタバレ? 自分の為の備忘録。















タイトルについて。レッドデータブックから引っ張ってきているのは話が始まる前のページに書いてあるわけだけど、これをタイトルに据えた理由をちょと考えてしまう。だって、今回はあまりその点について触れられているとは思えない。
物語の展開として、やがては日本を離れるのだろうか? アメリカへ? 雪政はMIT、大成はシリコンバレーにいるというし「グローバル化が進んでいる」 姫神も「拮抗するものは海外にある」と言っている。何と拮抗するのかはわからないけど。日本に何かがやってくる可能性もあるか。
レッドデータブックに載っているのは絶滅危惧種だ。誰かがこの本の感想で、泉水子の世間離れした容姿や生活から彼女にRDGという言葉がぴったりだと言っていたけれど、そうだろうか? 私はちょっと違うと思った。彼女の容姿や生活が変わることは危惧される程のことではない。そりゃ本人には大問題だろうけど。でも本人が変えたいと願い、変わる覚悟をきめた物事だ。
絶滅が危惧されるのは彼女の家系であり特殊体質ではないのか。「姫神に近づく者は、誰もが命がけを要求される」泉水子も例外ではない。彼女の力を手にしたい「企業家やら政治家やら研究者やら宗教家やら」山伏やらに泉水子は追われ、人外の者からも追われる。
現在、絶滅危惧種は保護される。泉水子も多くの人間によって「守り育てられるさだめ」にあるという。RDGというのはそういう点から付けられたと思う。
タイトル関連、サブタイトル「はじめてのお使い」ってこれ、誰のことだろう? 「お使い」に当てはまるのは深行と和宮だけでは? 泉水子はお使い=代理ではないもの。深行の初めてのお使いってことでいいのか? 本人嫌々だけど(笑) って今goo辞書で調べたら「(2)用足しのために外出すること。」とある。私の感覚とは違うけれど、それでいくと泉水子の修学旅行も十分お使いだな。自分の用事の為に出かけるのを私は「お使い」とは認識してなかったけど。
泉水子が姫神の「最後の器」になると聞いて、雪政が姫神=未来の泉水子かもしれないと言ってたけど、そうかなぁ? ぜんぜんキャラが違わないか? 今の泉水子からはあんな姫神を演じるのは無理に思えるし、自分の過去に戻ってきたって言う感じでもないように思えたけれど。
山伏と姫神の決着は15年後につくなら、この物語は少なくともそこまでは続くのよね。長いなぁ。だってこの本では4月の終わりから6月位まででしょう。泉水子は両親と大事な話があるだろうし、進学するならお山から出ていかなければならない。みんな不必要だというけれど、泉水子の言うように自衛手段は欲しいだろう。先は長い。でもその分とても楽しみ。次はいつ出るんでしょう… 
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
ねむい ねむい
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
荻原規子  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。