--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 10. 24  
確か「鴨川ホルモー」を読んだ後に、やっぱりこの人の他の本も読もうと思って予約したような気がする。時間が立ち過ぎてて思い出せない…。まぁ大阪在住者としては押さえとくべきかと。

そういえば、しばらく前に大阪城でエキストラ5千人動員のロケやってましたね。当時は未読だったので、へぇ~ちょっと見てみたかったかも、と思ったのですが…うん、映画を見れば十分だよね。だってオッサンばかりだもの(笑) それと映画のロケで訪れた堤真一が、出演を希望する知事を一刀両断、ってニュースを見て爆笑した記憶があるw

プリンセス・トヨトミプリンセス・トヨトミ
(2009/02/26)
万城目 学

商品詳細を見る


会計検査院は三権のいずれにも属さない。強制捜査権は無いが、80兆円の国税の使途を検査する機関。そこから大阪府庁の検査にやってきた3人の調査官。鬼と異名を取る松平、見た目外人の旭・ゲーンズブール、特殊能力を持つミラクルな鳥居。怪しげな社団法人OJOを調査すると、そこに見えたのは摩訶不思議な「大阪国」の存在。その大阪国のど真ん中で育った二人の中学生、茶子と大輔。大阪で伝えられてきた壮大な秘密をめぐる攻防。

鹿男の奈良、ホルモーの京都ときて、ここで大阪。日々目にしている事物が小説になるとこうなるのか、という目新しさに驚く。食べ物、TV番組、建物等々、地元ネタ満載で笑ったり、知らない事もいろいろあって感心したり。一般的に大阪人とか出てくるとコテコテのキャラで違和感というか、気持ち悪さを感じる時があるのだけど、これはそのあたりが上手。普通の大阪人のちょっと非日常な感じが良いなぁと思う。

ファンタジー要素も恋愛要素も無かったけど、私はこの人のはこういう感じの方が好きだな。中学生・大輔の特殊設定は必要か?と思わなくはないけれど、だからこその感動もあるからもういいや、とか。全体的にキャラ自体の魅力ってのは薄いかなぁ。主人公たちが頑張るのはまぁ当然として、ジャコ屋の島くんが良い奴好きだ。ただこれは登場人物個人がどうこうというより、ストーリーの大風呂敷加減が楽しい。ワクワクする。そんなんあったらおもろいなぁと。展開がまだるっこしい部分もあるけれど、止まらなくなる部分もあり、その盛り上がり方に夢中になる。こういうはっちゃけた話は好きだ。面白かった。

NEXT Entry
「狼と香辛料」15
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
万城目学  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。