--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 09. 29  
あぁ、新刊だ、と思って図書館に手配。案外早く回ってきたな。
ここにきて映画化、ドラマ化と、ミリタリー要素を離れてからの広がりがすごいな。

ストーリー・セラーストーリー・セラー
(2010/08/20)
有川 浩

商品詳細を見る


妻は小説家、夫は会社員、そんな夫婦が主役の二編。Side:Aは既出で、後半のSide:Bが書き下ろし。妻の小説を一番近くで見守る夫。どちらも彼こそが一番の読者。彼らに降りかかる病、幸と不幸。

確か昔、作者はハッピーエンド主義だと言ってた気がするのだけれど、違ったかしら。煙に巻く幕切れだ。私には幸せなラストとは思えない。「フリーター、家を買う」もそうだけど、取り扱う題材が題材なので結構重い。これ、Aだけ読んでたら、いわゆる泣ける話。Bが始まったとたんに、えぇぇっ!?と驚愕し騙された感が…… なんか裏切られたというか、手の平を盛大に反されたというか。
夫婦の遣り取りはかなり甘め。まぁ、有川さんだし、当然かw
Aに出てくる独居老人とその家族の遣り取りは、だいぶ身につまされた。家族だとか親戚だとか、本当に色々あるよね…… 積み重ねて来た過去と近い距離が生み出すやるせなさ。回り続ける歯車に小石が挟まり、歯が欠けてずれて壊れていくよう。暗澹とする。私は鈍感な上に言語化能力も貧弱なので、怒りにまかせて言葉で相手を叩き潰すってしたことないのだけど、それができる妻をちょっとうらやましく思ったりもする。そう思うのは場違いなんだけど、不愉快な苛立ちをモヤモヤと抱え続けるより、瞬間燃焼というか爆発させられたら良いのに、と思う。
電車の中でも読んでいたのだけれど、Bの妻の願いと怨念の結晶のページは思わずページを閉じた。あのページを開くと異次元が展開する。見てはいけないものを開けてしまったと思った。明るい通勤電車の中、ど迫力だった。ビビった。

全体的にはとても読みやすい。さすがラノベ、サクサク読めちゃう。(あれ?この本って、もうラノベの扱いじゃないのかな…?)楽しくはないけど、やっぱり面白いかな。昔は苦手だったこの人の言葉の選び方も、最近はそうでもない。現実が大分入り込んだお話に知識がちょっと増えた気がするw

NEXT Entry
「百鬼夜行抄」19
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
有川浩  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。