--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 09. 28  
先週は祝日も2日あったし、急ぐ本も無かったので、再読週間。
「みをつくし料理帖」1~3と、この本。一週間で4冊は最近の私にしたら早いなぁ。あ、睡眠削ってたからか?

記事をUPして無いから、最初に読んだのは2年以上前らしい。単行本で読んで、いつか文庫が出たら入手しようと思ってた。で、最近手に入れたのだけど、驚くほど忘れてるorz 箱根駅伝に出る10人のうち6人しか思い出せず、頑張っても8人までだった… 

風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
(2009/06/27)
三浦 しをん

商品詳細を見る

装丁は単行本の方が良かったなぁ。洛中洛外図みたいなやつ。まぁ文庫は表紙面積が小さいから転用は無理だろうけど…

東京の寛政大学に入学するために上京した走(かける)は、とある切欠で竹青荘(アオタケ)に入居する。崩壊直前なボロアパートの10人目の入居者となった走の歓迎会で、アオタケを仕切るハイジ(清瀬)が爆弾発言を投下。「目指すは箱根駅伝だ」 トップクラスの実力を持ちながら高校で暴力事件を起こしていた走、故障を抱えて長距離競技から遠ざかっていたハイジ。しかしそれ以外のメンバーは素人。ハイジ以外の誰もが驚く中、宥めすかし脅し、静かな熱意を持って彼らを導くハイジ。たった10人の寄せ集め俄かチームは箱根駅伝を目指す。それぞれが真剣に走る事と向かい合いながら、目指す箱根に有るものは。ハイジ、走、ユキ、ニコチャン、ジョータ、ジョージ、ムサ、神童、キング、王子の箱根への挑戦。

なんかね、再読なのに感動しまくってしまった。初読よりジワジワきた。大方のストーリーは覚えている(読んでるうちに思い出す)から、より深く読める。ストーリーとキャラは面白いし、走りの描写も美しい。シリアスとコメディのバランスがちょっと他に見ないくらい絶妙だと思う。
そりゃ寄せ集めのメンバーで箱根駅伝なんて荒唐無稽なんでしょう。でもだから良い。そんなん考えた事もないメンバーがほとんどだから、読み手に親近感が湧く。

長距離の孤独とか走ることの高揚とかは、結構わかる気がする。私は運痴で短距離も球技もダメだけど、マラソンは数少ない得意な種目だったからかな。文化部だったのにねw 王子とかニコチャンの気持ちが近い。学校の体育は嫌いだったけど、イコール運動が嫌いなわけじゃないと知ったのは社会人になってからだ。誰の足も引っ張らず、負け続ける事も無ければ、体を動かす事は気分転換にもなるし楽しい。これこそが本当は学校で教えるべき事じゃないのかな? 私が受けた体育の授業では気付けなかったよ。ニコチャンのように。ハイジの言う「速さより強さ」ってのも、これと似ている。勝敗は見えてる範囲がすべてではない。
私はマラソンはいつも誰ともつるまず一人で黙々と走るのが好きだ。ハイジの言う向いてる要素があるんだろう、内面的な部分で。社会人になってからスポーツクラブに通う人は多いけれど、それぞれメニューの好みがある。私の中では走るのは上位に入る。「ナルニア国物語」の最終巻に、疲れる事がなければ走り続ける事はとても楽しい、とかいうのがあって、それはわかる気がしてた。苦しくても、それを上回る魅力に取りつかれて、それを突き詰めていくのが走やハイジ、ジョージなんだろうな。いや、箱根を走りきった者すべてがそうなのかもしれない。

個人が全力で駆け抜け、皆で襷をつなぐ。個人競技であり、集団競技である駅伝。熱いなぁ、青春だよ。個性的な面々がそれぞれ活躍してるし、当然ながら仕上げの箱根でもよくキャラが書かれてる。
しかしハイジの炯眼ぶりが怖ろしい(笑) 大学生でこの人心操縦ぶりってw ダメな所も裏があるっぽい所も良い味出してる。王子が黙らされたハイジの噂が凄く気になるなぁ。対極にあるのが監督である大家だ。この人、結局最後まで名監督の面影ゼロじゃん(笑) 監督らしき事は何一つない。まぁ笑わせてくれるからOKか。
他のメンバーも皆本当に良い。細かく語るとまだまだ続いてしまうから諦めよう。

再読でここまで夢中になるとは思わなかった。本当におもしろい。大好きだ。
箱根駅伝見たくなる。まだ全部見たこと無いんだけどね(^^;) TVあんまり見ないし…
そういえば映画もやってたな。文庫発売が時期合わせてたはず。年末あたり地上波でやるかな? この巧みな内面描写を映画で表現するのは難しいだろうな。風景を目で見るのには良いかもしれないけど。ちょっと見てみたいな。原作にここまで傾倒してると、辛い事しか言えないだろうけど。
うん、この本は名作だ。スバラシイ。
NEXT Entry
「ストーリー・セラー」
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
三浦しをん  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。