--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 08. 11  
書評で見て借りた本。その名の通り東京に縁がないと、おもしろくもなんともないのでしょう。普通は予約がいっぱいなのに、ここ大阪では私の前後に予約者はいない。そういえば、大阪人は東京に対抗意識持ちすぎの人多いしな(笑) 借りない原因はこのあたりにも?

東京骨灰紀行東京骨灰紀行
(2009/09)
小沢 信男

商品詳細を見る


一時は世界一の人口を抱えたという江戸。その歴史は幕府がおかれてからでも400年以上。無数の人が生きて死んでいった町。火事・地震・戦争と何度も灰燼に帰した町。先人たちは今もそこかしこにお眠りのご様子。
古地図や文献をたよりに歩く両国南部・日本橋・千住・築地・谷中・多摩・新宿・両国北部。

私が生まれ育った(途中まで)のは23区以西、昔で言う武蔵国。江戸内の地理は未だによくわかりません。それでも都民であったからわかる部分もそれなりにあって、へぇ~~~って知って驚いたのが何回かありました。9月1日は防災の日、なんて大阪ではやらないけど、都内の小学生は始業式の後に避難訓練と集団下校が待っている。暑いんだよなぁ、あれw 防空頭巾(これもこっちでは見ない)とか熱中症になるっての。いかん、脱線気味。

最近読んだ「天地明察」「出世花」にも明暦の大火(振袖火事)の記述があって、それに関してもちょっと詳しく。十万の人と町を焼き払って、江戸の町は再出発。天守閣も再建されず、とか。彼らの為の供養塔が今でもあるのです。
他にも各所に様々な慰霊碑だの供養塔だのが今もある。ビルを建てようと地下を掘ったら人骨がザクザクってのは聞いたことがある。そういった場所の今昔とか。古い墓の移転って、墓石を動かすだけで、下は置き去りなんですね。位牌を重視していた事と言い、そういうもんかと納得したり。

夏ですしね。戦争の話をテレビでもよく目にします。戦後は東京も一面の焼け野原。ビルが増え、耐震耐火が進んでも、きっといつかまたあぁなる日が来ちゃうのでしょう。戦争しかり、地震しかり。天災は避けられない必然。昔とは違うと思いたいけれど、神戸の街が焼けたのはほんの15年前。諸行無常か。

なんか、この本の独特の語り口が移ってしまう… 標準語というより東京弁?? あっさりな感嘆調というか。慣れると癖になる感じw
NEXT Entry
「鋼の錬金術師」26
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。