--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 08. 04  
先日読んだ「スロウハイツの神様」がとても良かったので、似た系統らしいものをチョイス。

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)
(2009/04/15)
辻村 深月

商品詳細を見る


小学4年生の「ぼく」と幼馴染で同級生の「ふみちゃん」 大事にしていた学校のうさぎが殺される事件に、第一発見者で犯人ともすれ違ったふみちゃんは、ショックから心を閉ざし言葉を失ってしまう。彼女の為に、ぼくの為にできること。ぼくには不思議な特殊能力がある、それを使う…? 反省しない犯人に対してどうするべき?

ところどころ泣きそうになった。いろんなシーンに、言葉に。ただ、全体のストーリーとしては重いというか、しんどいというか、変化が少ないというか。
特殊能力を使うか否か、その力について教わり考える。同じ力を持つ秋山先生との遣り取りが大半で、それは裁判を見ているような気がした。メジャースプーン=計量スプーン、これは物語の小道具だけど私の頭の中では常に「量刑」の言葉がちらついた。罪に対して如何な罰を与えるか。このお話ではその自由度が高い故に悩む。ちょっと今の私には自分の頭で考えるのは放棄したくなるほど、考え始めたら止まらない物事だ。
心に響く部分もあるのだけど、ちょっとしんどいお話でした。
NEXT Entry
夏休み
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
辻村深月  
Comment
No title
小さなどんでん返しが詰まっていてワクワクしながら読めました。
トラックバックさせていただきました。
>藍色さん
主人公である「ぼく」を小学生にしたのは上手いなぁと、いろんな点から思います。
終わりも大変よろしい感じでしたv

Trackback

ぼくのメジャースプーン 辻村深月

忌まわしいあの事件。ふみちゃんは、今も登校拒否を続けている。 「ぼく」は、「先生」のもとへと通い。最後に選んだ答え、正義の行方とは。...
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。