--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 07. 11  
RDG2」続編。前回が大変気になる終わり方だったので続きを見たかった!

RDG3  レッドデータガール  夏休みの過ごしかた (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2010/05/29)
荻原 規子

商品詳細を見る


タイトル通り夏休み前半のお話。
宗田きょうだいの故郷・戸隠で合宿をする事になった鳳城学園生徒会部。泉水子にとっては中3の修学旅行以来の旅行。真澄の力の強いその地で起こる事は。

ん~なんか前回に引き続き、待たされて気になってた部分は放置。イヤン(><)
作者もブログで言ってたけど、今回の主役は真澄だ。
相変わらず、ネタバレせずには語れないので、続きは下げます。














今回、クライマックスは夏休みの大冒険vって感じで、手に汗握る美しくて怖い光景だったけど、あとはちょっと物足りなかった…
でも泉水子の成長は著しいかとw 自分の意思を通そうと頑張ってるのは良い事だ。ちょっと考えが足りない気もするけど。色々と無自覚である事も彼女の特色ではあるのだろう、あの真夏が不思議に思うくらいだし。

今回のキーはやはり真澄だな。
兄弟だけど神霊ってどういうことかなぁって前巻の時に漠然と思ってたけど、今回のを読むと、兄弟のフリをしてる九頭龍大神の一部ってことがわかる。たぶん真響と真夏の心を読み取っているというか、それに呼ばれてきたというか。そりゃすごい力を持ってるわけだ。
姉弟が先祖がえりの特殊例だってのは意外だった。つまり二人には先達がいない。自分達で真澄と向き合わなきゃいけない。今回のはその暴走でもあるんだな。
真澄が口にした「捧げもの」はちょっと気になった。真澄の死は本当にただの突然死だったのか? 真夏は祖父のせいだと思っているようだけど、祖父も父も見ることすら適わない人達だ。真響と真夏が今回の一件にどういう答えを出すのか気になる。別に何も変わらないって気もするけど。

今回は新生徒会長・仄香の事も少し。「わたしたちが判定者」「中立の立場は徹底的に守っている」やはり穂高に連なるものということか。案外、相当しっかりしてるんだな、この学園の特殊事情に置いても。というか、この特殊な場所でそうじゃない人間が采配を振るう事など無理なのだろう。

で、その学園の特殊事情。学園のNo.1になることが「世界遺産」に認定されるという。正直、「世界遺産」と言われた時には素っ頓狂な感じがした。遺産って…まぁ文化遺産とかは現在進行形のものだから、そうなんだろうけど、なんだか違和感。解明される前に、失われる前にとりあえず名前を付けて保存ってか。しかしそんなちょっぴりを保存してどうにかなるものなのか? 高柳が勝ったら、かれらの陰陽道だけ保存? 生物多様性って言葉が頭をよぎるよ。それに泉水子と深行にしたって、彼らの父親は学園上層部と太いパイプがあるのじゃないの? んー、なんかこの学校目的とか何とかはよくわからん。真響はそういってるけど、彼女がすべて正しいと決まったわけでもないし。

泉水子と深行は相変わらずだなぁ。険悪ってのは無いからましなのか。真響の「わざと無防備なまま放っておいて、様子を見るのはゆるせない」発言に答えなかったのはその通りだからだったんだろうなw 真響はそうではないと思ったみたいだけど。深行は穂高との協定も、烏との関わりも、他にも色々泉水子には黙っているようだから。深行が力を使えるのは泉水子の護身の為だけみたいだけど、それでもあの逃走シーンで泉水子の傍らに踏みとどまったのは偉いなぁと惚れ惚れw 深行はもう巻き込まれた事を諦めるべきだろうが、どう思ってるんだろうな。烏とは夏休み後半の玉倉山で話をつけたいみたいだけど。というかその烏=和宮の顔が高柳と似てたのが気になるってのに笑った。紫子さんキレ~とぽーっとなってる深行も笑えるがそれに対する泉水子の台詞がどこかで見たような会話でなんとも。まったく君らは面白いなv

紫子は格好よく登場して格好よく去って行っちゃった。泉水子たちの年頃がいかに不安定か、霊能を持つ者には生死すらかかわる、か。そうだな、今回も紫子が姫神として現れなければ泉水子も深行も宗田姉弟も死んでたんだろう。真夏は泉水子が行動しなければ死んでいた。そう、実際これまでも死はすぐそこに迫っては去って行っている。となると、高柳が決着をつけると言った学園祭は不穏だな。紫子もそこには顔を出す予定だったみたいだし。何が起こるやら。

結局今回穂高は出てこなかったな。烏も。次は夏休み後半かな。学園祭は絶対に飛ばさないだろうけど、夏休みはその可能性ありだなぁ。学園祭が楽しそうと言うより危なさそうなのがどうかと思う(^^;) 仄香の今人気があるのは戦国時代発言には吹いた。しかし益々危険な学園祭になりそうだよ。合戦が本当に血を見そうで怖いよ。

相変わらず続きは楽しみだ。先が全く見えないけれど。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
「エンド・ゲーム」
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
荻原規子  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。