--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 03. 31  
図書館で借りた本だけ読んでます。返却期限があるから。
購入もしているのですが、そっちはひたすら積読。や、山がまた…

これも回ってくるまで随分待った本。

ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム
(2008/08/29)
柳 広司

商品詳細を見る


時は第二次世界大戦の数年前。陸軍内からは猛反発を受けつつ、とある部署が極秘裏に設立された。やがて「D機関」と呼ばれるようになるそれは、過去に極めて優秀なスパイでり「魔王」と呼ばれる結城中佐がほぼ一人で立ち上げたスパイ養成学校。その教育方針は「死ぬな、殺すな」「見えざる者となれ」死んでお国の為に、という陸軍内、世間の風潮の中、たった一人でスパイとして生きるとはどういうことなのか。D機関に関わった者たちの短編集。

面白かった。でも何か好きじゃない。続きは読むけれど。
なんだろう。この時代の風潮が大嫌いなのか? スパイになる人間が共通して持つ「手に負えぬほどの自負心」とやらが嫌いなのか? お話としては、これは何になるのかな、ミステリ? なぞ解きは楽しい。スリルもあるし。 
スパイ物は映画とかでそれはたくさん見てるけど、虚構の中だけでなく実際にこういうすごい能力を持った人がいるってのに驚く。とても同じ人間とは思えない。うん、そうだな、優れた能力を持ち、独りでスパイ活動を行える、それを支える他者を排す感じが嫌いなんだな。
だからだろうか、5話ある中でスパイ本人(卒業生)の視点によるものは2話しかない。その方が面白いだろうな。好きになれない人物像の視点で語られてもね。

続編には結城中佐の過去話があるらしいのでちょっと楽しみ。影の主役である魔王の過去…おいしいな。

NEXT Entry
今期終わりのアニメ まとめてメモ
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
柳広司  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。