--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 03. 13  
やっぱり読書は良いね!
最近はずっとじゃなくて、たまにしか読書しないから、本を読むたびにちょっと嬉しいv

宵山万華鏡宵山万華鏡
(2009/07/03)
森見 登美彦

商品詳細を見る


関西に住んでいると必ずニュースで目にする黒山の人だかり。祇園祭・宵山が舞台。大概、梅雨明け前で雨が降り、蒸し暑い。作中にも繰り返されるが人・人・人の中に足を踏み入れる勇気が出ずに、大阪在住なのに未だに行った事がない。憧れはあるけれど。

華やかな表紙は、祭りの賑やかさと森見ワールドの融合だ。連作中編6編。主人公はすべて違うけれど、それぞれが同じ宵山の中に存在し、少しずつ重なる。

今回は以下にネタバレありと明記しておきます。
話の構成と順番すらもちゃんと意味があるので、ネタバレかどうかは重要になるかと。



最初の「宵山姉妹」と最後の「宵山万華鏡」はバレエ教室に通う姉妹の物語。迷子になった妹が出会った、赤い浴衣の少女たち。宵山を金魚が泳ぐように駆け抜ける。手を離してしまった姉もまた終わらぬ宵山に足を踏み入れる。
「宵山金魚」は森見節炸裂。絢爛で無茶苦茶な宵山は何なのか。「宵山劇場」は「金魚」の裏側。
「宵山回廊」と「宵山迷宮」は上記2種類を含む話。画廊を営む青年、失踪した少女の父である画家、消えた少女とは一緒に行かなかった画家の姪。祭りの幻想は一時のものなのか。ずっと続く祭りは…

非常にいろいろと伏線があって、語りきれるものではない。「夜は短し歩けよ乙女」との共通項も出てきてニヤリ。なるほど~w その共通部分はこの話でも無茶苦茶ぶりを発揮。作中に「想像力があるのではない」「そんなけっこうなものではない。あれは妄想だ。しかも湧き上がる妄想に脈絡がない」との一文がある(二文?)が、それって森見サンの事ですよね?と爆笑。妄想だけじゃないのは、よーくわかってるけど、その弾けっぷりが面白くて楽しいw 「金魚」と「劇場」は大いに笑った。他のにある不気味成分がほとんどないし。この宵山の表裏を自覚して歩いているのは乙川だけだろうが、この人は他でも出てきてるのだろうか?あるいは今後も登場しそうな胡散臭さが漂う。
華やかな祭りと、ものすごい人混み、路地、京都の歴史。その混沌の中にいるのは人間だけじゃないってのも当然な気がしてしまう。

重要小道具としても出てくる万華鏡は、作中ではいくつもの意味が詰められている。有限の物が見せる無限の煌めき。(有限じゃない万華鏡もあるけど…)まとめ方も上手い。
満足。おもしろかった。

NEXT Entry
「パイレーツ 略奪海域」
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
森見登美彦  
Comment
日本人ならば誰もがおそらく持っている夏祭りの、
心躍るも切ない情景が詰まっていました。
トラックバックお待ちしていますね。
>藍色さん
ちょうど先週でしたね、祇園祭の山鉾巡行。今年は珍しく梅雨明け直後の真夏日でした。
祭りの煌びやかな彩りと、人混みの中だからこそ生まれる移ろう影、いつか行ってみたいもんです。
人込みは嫌だけどw
Trackback

宵山万華鏡 森見登美彦

祇園祭宵山の京都。 熱気あふれる祭りの夜には、現実と妖しの世界が入り乱れ、 気をつけないと「大切な人」を失ってしまう―。 幼い姉妹、...
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。