--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 02. 27  
すごく久しぶりの読書…
これは「忍びの国」を読んだ時にオススメしてもらった本。図書館に予約したものの、待ち時間半年以上。長すぎる。

蛇衆蛇衆
(2009/01/05)
矢野 隆

商品詳細を見る


戦国時代の初期。九州は肥後・筑後の間の鷲尾家と我妻家も敵対し、周囲を巻き込んでは戦を繰り返していた。
戦場を渡り歩く荒喰(あらばみ)と呼ばれる傭兵達。蛇衆はその中でも人外の強さを誇る異能の精鋭。鷲尾の地で起こる、巫女の予言とお家騒動。いつの間にか飲みこまれる蛇衆。生まれた場所にとどまる事が出来なかった、はみ出し者の7人。それぞれの傷を抱え集まった彼ら「蛇衆」の在り様。

途中から一気読み。読む前から予想はつくけど、やっぱり脳内映像はかなりエグイことになる。

実質的なリーダーで体術を駆使する朽縄、身の丈ほどの太刀を振るう美女夕鈴、金棒を持った鬼と見まごう鬼戒坊、はずさぬ弩を撃つ孫兵衛、忍びの技を使う無明次、彼らに憧れて槍を操る十郎太、蛇衆を商う宗衛門。キャラはちょっとラノベっぽいなぁと思う。個性的すぎると言うかキャラが立ち過ぎているというか。まぁそこが面白くもあるのだけど。
「忍びの国」と違うのは彼等は普通に人の心を持っている事か。生れついたコミュニティから離れざるを得なかった彼らにとって、蛇衆は疑似家族だ。表面上はただの仲間にすぎなくても。
後半のどんでん返し、そこへの持って行き方は良かったと思う。ちゃんと伏線張ってあったし、ミスリードもばっちりだw 予測してたわけじゃ無かったけれど、あ、やっぱりそうだったんだ、という納得。
キャラ + お家騒動ミステリ、かな。
ガーッと読むのに向いてると思う。<抽象的すぎ…

NEXT Entry
もうダメなのか?
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
矢野隆  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。