--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 07. 12  
楽しい話じゃないので、読み飛ばし推奨

人間関係ってさ… というのがここ最近の低調の理由の一つにある。
オフラインでの話。プライベートでも職場でも、いろんな関係が人の周りにはあるのだけど、どうも私はうまく立ち回れない。

このブログ作ってから何作か学園物を読んでいて思うことがある。特に今は「RDG2」を読んだばかりだし。
学校という場所での友人関係のあれこれ、それは大人になった私が今も抱えてる問題とあまり変わりはない。学校という限定的な空間に居る時期にこういったことについて触れられている本を私はほとんど読んでこなかった。読んでいたら何かかわったろうか?と疑問に思う。当時もいろいろ悩んだけど、参考になっていただろうか。そこで上手くやれていたら、現在もなにか変ったろうか?

こういうのって人によって考え方がまるで違う。だから本当は人と比べてもしょうがない。自分が納得できるかどうかだ。
たとえば友人の範囲。どこまでが友人なのか。隠し事のないのが友人? よく会うのが友人? お互いに頼れるのが友人? メル友も友人? 職場やクラスで仲が良いのも全て友人?
どれだけ心許せるかがポイントかなぁ。でもすべてを曝け出す必要はないでしょう。昔友人と隠れオタ同士じゃないかという話になった時に「堂々と隠れようぜ?」と言われたのですが、ものすごくつぼにはまって、私の中では名言になってますw 上手に世渡りするのに必要なことをして何が悪い。
時とともに変わることもあるけれど、こちらが友人と思っていればそれで良いと思える。
だってね、普通「私たち友人よね」なんて言わないし。私が友人と思っていても相手はそう思っていない可能性だってある。これは周りで実例を見てきた。
全てを言ってくれない友人がいたとしてそれは不義理だろうか? そうは思えない。個人の心の奥底まで立ち入る権利など何者にもないはずだ。言いたくないことは言わなくてもいいと思う。

人づきあいを苦手とするのは幼稚園時代からという筋金入りなんですが、それでも「他人に興味無いだろう」と指摘されるとドキリとする。まるきり当たりでもないが否定もしがたい。人の悪口を聞いても無視できるほどの強さを私は持たない。だからそんな話題や、そういうのが好きな人を避ける。関わりたくないと思う。つまり興味ない。うん、そうか、他人全般に興味がないのじゃなくて、その時周囲に居た好きじゃないタイプの人々に興味がないのだ。まぁ経験則から言って、他人に興味深々、好奇心旺盛といかないのも事実だ。マイナス面での学習効果の表れだ。防御のために距離を取る。そうしてできた社会性の欠如を言われると、ある種の恐れを持つのは当然か。警告とも取れるものね。なおせないけどさ。

人間関係を築いていくのは自分自身。でもそれって運も関係していると思う。
よくいう「自己責任」の部分もあるけれど、出会いという点では運が左右する部分もあると思う。こういうのは責任逃れかなぁ。でも義務教育時代の担任の巡り合わせとかは何が支配するの?私は教師運がなくて親に呆れられたほどなんですが、あれも?
先日マンガを立ち読みしていて、主人公が良い人々に出会うのを見て羨ましいなぁと思った。思った直後に自分の馬鹿さ加減にガックリきた。アホすぎる… 比較にならんっちゅーねん。悲惨な体験との対比を、良い話にするための作りを、何だと思ってるんだ。


茨木のり子はいう「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」
思い出して改めて読んでみると、あまりにも、全てが良く分かりすぎるほどわかる。なんだこれ。こんな詩だったのか。この詩を初めて読んだのは高校の国語の教科書だったと思う(うろ覚え)でもそれは置いといて、数年前に読んだ時と今とで受ける衝撃度が段違いだった。
……そうですね、その通りです。
詩に書かれていることと恥ずかしいほど同じようなことを最近グダグダと考えていて、それは上記の文章にも一部現れてる。でも時間がたてば私もだいぶ復活してきました。時の力を自力と呼ぶかは知らないですが。ただ、時代のせいとは言わないけど運のせいはやっぱりあると思う、譲りたくない。っても、まぁ、どうでもよい事ですね、自分以外のせいにしている点は同じなのだから。
昨日今日と読んでいた「RDG2」にも泉水子がこう思うシーンがある。「他人に何かを期待しなくても、ひとりで気を取りなおすことくらいできる。すべて、わたしが自分でどうにかすることだった」これもこの詩のとおりだ。
そうはいっても、周りの影響を受けずに自分を貫くなんてのは相当難しい事だと思う。心掛けはするけどね。自分も周りも儘ならないものさ。

NEXT Entry
一周年
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。