--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 06. 17  
フランスで受賞したり、ベストセラーやらロングセラーやらになり、ギフトセラーと呼ばれた本。
この本をプレゼントにしようという感覚が私にはわからない。フランス人すげー。

優雅なハリネズミ優雅なハリネズミ
(2008/10/09)
ミュリエル・バルベリ

商品詳細を見る


パリの高級アパルトマン。管理人の未亡人ルネは知性をひた隠し、典型的な管理人を演じてきた。そのアパルトマンに住む議員の娘パロマは大人たちのくだらなさに辟易し、13歳の誕生日が来たら家に放火して自殺しようと考えている。外部との接触を拒み、お互いの接点も無かった二人だが、新たな住人・日本人紳士オヅの登場によって、それぞれ新境地に立つことになる。

ストーリーは単純。上記の通り。ルネの日記とパロマの日記によって並行して語られる、高級アパルトマンの住人たちの生態。
だがしかし。この本は難解だ。哲学的な話がずっと続くし、ルネの日記は特に抽象的だったり修辞的だったりする上に、一文の長さが3行以上も当たり前。私の言語能力の限界に挑む本だった。
小説、絵画、映画、音楽、詩、世にある美についての考察と階級社会について、がテーマ。
私自身の教養の無さが露呈するなぁ。そういった物を望んでこなかったから当然だけれど。哲学的思考とやらも素養がないのでさっぱりわからない。私は物事を論理的に見たりしないもの。適当に、フィーリングで生きてるのよ。これをフランス人は平気で読めるのか? 信じられない。私はこの本の2割くらいは分からなかったと言える。単語はわかるが、何度読んでも文章の意味するところがよくわからない箇所が随所に。これでも読解力はそこそこあるつもりなんだが…翻訳のせい? いや、単語もフランス語をそのままカタカナにしたらしきものが何か所もあって(注釈付きも少しあったけれど)、辞書とかの補助が必要だと思った。面倒だから読み飛ばしたけど。住人たちの名前も馴染みがないのでめちゃくちゃ覚えにくい…
登場人物にはほとんど感情移入できない。そもそも賢いと自認するパロマのやろうとしていることからして、はぁ?って思うし、ルネの拘る階級差別も私には無縁だし、それは多くの日本人が同じだろう。読みながら彼女には見せかけだけじゃない鈍感力が必要だと思った。っていうのは繊細さを持ち合わせない者の僻みか?
最後もねぇ…希望はパロマだけじゃなくルネにも残すべきだと思う。やっと、ずっと読んできて最後がアレだと酷く脱力する。
いろんな意味でこの本には別世界がありました。


追記:
この本の後に読んだ「地球46億年全史」に書かれていた一文に「抽象的な思考の得意なフランス人」ってのがあって、ものすごく納得した。やっぱり?って。イギリス人でもそう思うのかとw 国民性てのがあるものなんだな。
NEXT Entry
「東のエデン」テレビ版
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。