--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 05. 11  
軽く恋愛ものが読みたくて。三浦しをんは「風が強く吹いている」しか読んだことないですが、あれは面白かった。

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)ロマンス小説の七日間 (角川文庫)
(2003/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る


海外ロマンス小説の翻訳者のあかり。今回の仕事は突っ込み所がありまくりなお話。時間があまりない中仕事に励んでいると、半同棲中の神名(かんな)が天然ぶりを発揮し「会社辞めてきた」 忙しいときには忙しいことが重なる法則通り他にもあかりの手を焼かす事が重なり、気がついた時には翻訳が創作に。あかりと神名の関係は、小説はどうなるのか。

あかりの慌ただしい一週間と、彼女の翻訳する小説とが交互に語られる。八つ当たりが仕事に来て、どんどん創作されていくところが笑えます。うーん、翻訳じゃなくてラノベでも書いてみれば?とか言いたくなる。たぶん彼女の創作したブツの方が面白いと思います。それじゃ翻訳とは言えないけれど。
愛憎ドロドロ物が苦手な私には軽く読めて良い。でもちょっと物足りないか。

本編よりもね、あとがきで大笑いしてしまった。約6ページ。長い(笑)
NEXT Entry
オンもオフも
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Entry TAG
三浦しをん  
Comment
トラックバックさせていただきました。
妄想が読んでいて楽しかったです。
トラックバックお待ちしていますね。
>藍色さん
トラバの返信させていただきました。
加速し渾然一体となっていく妄想が笑えますよねw
Trackback

ロマンス小説の七日間 三浦しをん

あかりは海外小説の翻訳をする、二十八歳の独身女性。神名と半同棲中。 中世騎士と女領主の恋物語、歯も浮きまくる翻訳に奮闘中、会社を辞め...
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。