--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 04. 20  
ここ数日めちゃめちゃよく寝てました。この本のせいで。
この手の本は知的好奇心から手を出すのですが、本によっては途中で強烈な眠気に襲われます。今日は3時間は読むぞ!って気合い入れても読書1時間、睡眠3時間半とか。予定と全然違うよ!!
つまんない訳じゃないけれど、ウキウキとかワクワクとは違うから眠気に負けるのか。訳がいまいちなのか? 春だから余計に眠いのか?

生命40億年全史生命40億年全史
(2003/03)
リチャード フォーティ

商品詳細を見る


大英自然博物館の主席研究員が、長い長い生命の歴史を1冊にまとめた本。生命の発生、拡散、進化を順を追いながら、三葉虫等を専門とする著者自身や科学界の様々なエピソードを交えつつ語る。

地球の歴史が46億年。生命と呼べるものが生れて40億年。でもそこからが長い。エディアカラ動物群が現れたのが6億年前。その後、カンブリア紀、オルドビス紀、シルル紀、デボン紀、石炭紀、ペルム紀、三畳紀、ジュラ紀、白亜紀あたりまでが詳しい。先史時代、人類が現れるところまで。それぞれの時代の特徴とか初めて聞いたような気がする。生物の授業でこういうのってちゃんとやったっけ? 覚えてない。今読んでもいつまで覚えていられるかは微妙だけど、この壮大さが好き。数十億年の昔から、現在の私に至るまで、連綿と続くものがあるというのは本当に凄い。

しかしこの本、文字が多い。1ページあたりの文字も多いし、改行も少ないので、最初に本を開いたときには紙面が黒くてビックリしました。こんな本、学生時代の教科書以来だよ。本当に一般向けなのかと思った。そして不満の最たるものは図版が少ないこと。百聞は一見にしかず。読んで想像したものが合ってるのかちょっと不安です。挿入されるエピソードの数々は、この本に生き生きとした過去と科学者たちを描き出すけれど、うーん、なんだろ、私は事実が知りたいのであって、エピソードはもっと少なくていい。そこには良さもあるしこの本の特徴でもあるけど、もう少し減らして、そのぶん説明か図版を入れて欲しかった。

これの続編も予約してありますが、また睡眠過多に陥りそう…
こういうの好きなんだけどなぁ。
NEXT Entry
「告白」
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。