--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 07. 27  
かもめのジョナサン (新潮文庫 ハ 9-1)かもめのジョナサン (新潮文庫 ハ 9-1)
(1977/05)
リチャード・バック五木 寛之

商品詳細を見る


リスト外の本です。はい、さっそく余所見中ですヨ。
学生の時に出会って、大好きだった本です。

薄ーい文庫本、カモメの写真だらけ。文字の部分は少ない。誰でもすぐに読めてしまう。なのに何でこんなに心に残るんだろう。飛ぶことの魅力に取りつかれた一羽のカモメ、ジョナサン・リヴィングストン。飛ぶ事を通して見えてくる、生きることの意味。
ジョナサンの飛行へのストイックさに惹かれるんだろうか。訳者の五木寛之が「星の王子さま」みたいな本だと人づてに聞いたが、これは違うんじゃないかと解説で述べている。私も同意。「星の王子さま」の魅力は残念ながら私にはよくわからない。どちらも寓話的であるのに。ジョナサンの意志の強さに引っ張られるように、この本には静かだけど勢いがある。喜びも。
私がこの本を好きな理由はもっと他にも何かあるような気もするけど言葉にできない。

今日久しぶりに読み返してみて、以前は感じなかったと思う痛みを感じた。
ジョナサン達が眩しくて。痛いと思うのは惰性で日々を送ってるせいかな。前には感じなかったこの気持ちに気付いたのがちょっとショック(><) でも、やっぱりこの本は好き。

NEXT Entry
図書館
NEW Topics
買い物ついでに
生存確認
更新休止のお知らせ
「獣の奏者」ⅢⅣ 文庫版
「雷桜」
Comment
はじめまして。
「読書の夏」参加者のすせりと申します。
うちのブログに足を運んでいただいたようで、ありがとうございますw

かもめのジョナサン、前からずっと気になってはいた本なのですが・・・
あのうすっぺらさになんとなくやる気が出なくて手を出さなかった本なんです。
でも感想拝見して・・・なんだか内容深くておもしろそうなので、今度わたしも読んでみますね。

乱文失礼しました。またお邪魔します。
いらっしゃいませ
こちらこそ、コメントありがとうございます(^-^)

ブログ始めて一週間で、マニュアルうろ覚えでして… 
何でわかったの!? などとまず驚いてみたり<マニュアル読みました。なるほど。そういえばそんな事書いてあったな。

ジョナサン。カモメ写真集に長めの散文が付いている、な認識も間違いではないかもしれません(笑) 早い人なら立ち読みであっという間に終わってしまうかと。軽い気持ちで手に取るというのもアリだと私は思ってます。
薄さの割には満足感が大きく、お得感が。<セール品か?

すせりさんのプロフィールにある好きな本は私も同じなので、お薦めなのがありましたら私も読んでみたいと思います。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。