FC2ブログ
2012. 07. 20  
今年の直木賞作家になられましたねv 私は作品はポツポツ読んでいるものの、どういう方なのかっていうのは今回のニュースで初めて知ったことが多かったです。同世代だ…… すごいな。
ちなみに購入&完読はそのニュースより前(^^;) 暇だったのでなんとなく手に取り、裏表紙に「著者の新たな代表作」とあったので買ってみた本。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)
(2012/04/13)
辻村 深月

商品詳細を見る


地方都市を出て東京へ行ったみずほ。地元に残った同級生たちや幼馴染のチエミ。チエミが母親を殺して失踪した事件から半年。みずほは幼い頃の彼女との約束を思い出し、チエミの行方を探し始める。30歳になる微妙な年頃、それぞれ異なる20台を経た彼女たちの過去と現在。

なんだかなぁ、女性のドロドロした部分をよく描いているよ。幼い時には気づかなくとも、成長するにつれわかってくる価値観の差。埋めようがない溝。取り繕い。
母と娘の物語っていう。確かにそれもあるのだけど、印象に残ったのは同世代の女性たちのしがらみとかだな。私は人付き合いは苦手だ。表面上なら、それなりに上手くやっていけるようにはなってきたけど、それでも振り返れば人生で最もストレスの元となっているのが人間関係。とくに相手が女性で同年代もしくはちょっと上だと良い目を見たことがない。なので読んでるとちょっと疲れた。
ミステリーとしてはそこそこ面白く読めたんじゃないかな。意外性はあんまりなかったけど。


スポンサーサイト



2012. 07. 20  
そういえば、そろそろ発売時期だっけ?と思って調べたなら、とっくに発売されてたよ!
半年に一冊ではついチェックも忘れ気味……

夏目友人帳 14 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 14 (花とゆめCOMICS)
(2012/07/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る


今回はレイコさんの話が多め。妖の目から見たレイコではなく、人の目からみたレイコを知りたいと願う夏目。それは自分のこれからにも繋がるからなのだろうな。すでに夏目は彼女とは大分違う道を歩んでいるのだけど、それでも迷いも多いし。ニャンコ先生も今回は割と美味しい役どころw 夏目のそばに先生がいてくれて良かったなぁ。このコンビ良いなぁと改めて感じた1冊。
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード