--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 11. 24  
地元図書館の予約で1番をゲットv 競争相手が少ない…… しかもここの図書館は購入が早い。発売後一週間で貸し出してくれるとは(*^^*) で、なんでさらに二週間もたってから感想かというと、二度目を読み終わるのに時間がかかったから。
作者のブログ見ると、次作は一年以内にはきっと、ってことですが。うぅぅ、はやく読みたいです。

RDG5  レッドデータガール  学園の一番長い日 (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日 (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2011/10/28)
荻原 規子

商品詳細を見る


いよいよ始まった戦国学園祭。何が起こるかわからない緊張感と、学園祭ならではの楽しさと。皆がそれぞれの策を練り、行動する中、泉水子は高柳の術に嵌められたことに気づく。そして事態は大きく動き出す。学園トップの座は誰に。

もうこれ、本当に面白いのだけれど、ネタバレなしには語れません(^^;)
以下、ネタバレ感想は下げときます。














 
スポンサーサイト
2011. 11. 11  
直木賞受賞作ですね。受賞してなくても手を出したかも。こういう話は好き。テレビとかでも見る。

下町ロケット下町ロケット
(2010/11/24)
池井戸 潤

商品詳細を見る


東京の下町。従業員200名の中小企業の二代目社長・佃。過去に、研究者として携わったロケットは打ち上げに失敗。引責辞職したあとも、継いだ会社で研究を続けていた。順調に成長していた会社だが、主力商品の小型モーターが大手に特許侵害で訴えられ、資金繰りは赤信号。そんな中、航空宇宙最大手・帝国重工は新型ロケットエンジンのキーテクノロジーのバルブ特許が佃製作所に先を越されている事を知る。両者の駆け引きの行方は。

いやぁ、面白かった。そして泣いた。佃の社員が一致団結するところ、中小企業舐めんなよ、という心意気・佃プライドが良かった。前半は大手に泣かされる中小企業の苦節。これ、かなりわかる。大手の傲慢さもわかる。社内の人間関係とかも、あぁこういうのあるだろうなって。私はどっちも見てきたと言えるかな。いろんなことがダブる。
しかし、よくこんだけの内容を詰め込んだなぁ。当然、私が知らないことも山ほどあって、そういうのはとても興味深い。金をとるのか、夢を取るのか? 金がないと生きていけないけど、仕事に夢はあった方がいいよ。佃の答えに同意。ただ、未来を見ることはできないから、何を選ぶのかは何時だってとても難しい。仕事ってさ、起きてる時間のほとんどを使ってるわけだから、充実してるに越したことない。理想だけど、それもまた、なかなか難しい……
詳しいあらすじは知らなかったというか、すでに忘れていたのだけど、もっとほのぼの人情ものかと思いきや、大部分が経済小説だよなぁ。読み終わって爽快。佃製作所がかっこいい話だな。人としてダメなやつが何人も出てくるけど、あぁはなりなくないな。謙虚さは大事だな。経理部長でトノサマバッタ似の殿村が、キャラとしてはピカ一だった。

この人の他の本も読んでみよう。

2011. 11. 10  
11/6の日曜日あたりに10000ヒットを超えたようです。
見守ってくださってる方々、ありがとうございます<(_ _)>

3年と4か月くらいでしょうか? 最近はあんまり更新できていないのですが、それでも長くやって記事の数が増えると、検索で来られる方が少しずつ増えてます。今は一日平均10人くらいでしょうか。たぶん検索サイトの自動検索や、関連検索が大きいのかな。こんな辺境ブログの記事を上位に持ってくるのはどうかとも思いますが…… どこかで誰かの役に立つなら、まぁそれも良いか。

更新は滞りがちですが、のんびりやっていきますので、今後もよろしくお願いします。

2011. 11. 07  
新聞で紹介されてたのを見て図書館で予約。私のほかに予約がない……なんだかなぁ。前住んでたところだと、この手の本でも朝刊に載ったら即10人以上予約待ちだったのに。ライバル少ないのは良いのですが、ちょっとさびしくもある。

なぜシロクマは南極にいないのか: 生命進化と大陸移動説をつなぐなぜシロクマは南極にいないのか: 生命進化と大陸移動説をつなぐ
(2011/08/22)
デニス・マッカーシー

商品詳細を見る


プレートテクトニクスと進化のお話ってとこでしょうか。生物地理学というらしいです。割とこの分野は好きなのでいろいろ読んでいる。そういったことをまとめた感じ。進化がどうやって起こるのかっていうのは、はじめてちゃんと意識したような気がする。なんとなく、突然変異説ってのを信じてたけどそうじゃなくて、個体差が大きくなっていくことが種の分化になる、と。大筋では目新しくなかったけど、細かい部分は初めて知った部分も多く、それなりに楽しめた。

追記:妙に頭に残った細かい点を二つほど。
動物がじっとしているのを見て、何を考えているのだろうと思う時がある、と作者は言う。確かに思ったことある。で、作者が言うには、爬虫類なら「暑いな」か「寒いな」 哺乳類なら「腹が減った」 うん、そうだろうね。生きていくうえで重要なところがまさにそこ。現に私たちは「食っていくため」に働いている。自分で3食作って食べたら、一日のうちのかなりの時間が準備・調理・食事・片づけにさかれている。そう、衣食住っていうけど、食がないとすぐに死ぬ。
あとは、それぞれの種の最小型には限界があるという話。なんか納得というか、証拠を突きつけられた感じがする。何のかというと、児童書で読んだコロボックルは科学的に無理なのかという、残念感。あのお話がフィクションなのはわかってたけど、これが最後通牒って感じ。さみしい。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。