--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 01. 31  
書評で見て、そうか桜庭一樹を読んでみよう、と思い立って購入。でも一冊目に読んだのは「少女七竈と七人のかわいそうな大人」だったりするのだけどw

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)
(2010/09/18)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


製鉄を生業とする鳥取の旧家・赤朽葉家。未来視の能力を持ち、嫁入りした万葉。その娘・毛毬はレディースの頭として中国地方を制覇したのち漫画家となる。さらにその娘でまだ何者でもない瞳子。戦後から現在の間にこの国で起こったこと、その時代を生きた三人とその一族の物語。

赤朽葉、落葉した紅葉、血の色の表紙の本。レーベル的にもっとミステリーかと思ったけれど、それは最後の一部・瞳子篇だけ。ほとんど戦後昭和史と言っていいのじゃないかしら。この旧家の、と限定はされるだろうけど、時代の流れはここにも押し寄せていたのだから。
読みたいというので、私より先に母に読ませたのですが、ものすごく懐かしかったらしいです。おおよそ母の時間は万葉とかぶるであろうし、私の時間は瞳子とかぶる。

お話全体に漂うもの悲しさはなんだろう? 懐古? 万葉の持つ悲しみ? 彼女の能力は役に立ったりもしたけれど、それでも普通の人は知らず考えずにすむ事を知ってしまうのは辛い。それだからこそ日々を貴重に送れたかもしれないけれど。やるせなさは全編にある。あちこちから漂う。誰もが何かを抱えている。楽しい、明るい話ではないのだけど、一人の人間が持つ重みと、それが重なることで生まれるさらなる重みと厚みが不思議な温かさを持っているように思う。

ミステリーというより大河だな。面白かった。
スポンサーサイト
2011. 01. 22  
映画化のCMを見て、そういえば原作を読もうか迷ってやめたなぁと思い出す。
いやだって、家計簿ってつまんなさそうじゃないか、と。家族に頼まれたので購入。ちょっとずつ読み進めましたが。
あれ、思ったほど専門的でもないし軽く読めるじゃないか。

武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
(2003/04/10)
磯田 道史

商品詳細を見る


ある意味、とても普通な下級武士の暮らしぶりがわかる。家計簿を遺した人々は大出世していった勝ち組だけれど、それでも。中でも面白いのは、維新という激動の時代に、革命家としてではなく実務者として活躍した人だ。理念に燃えて奔走する人は話の種にはなるけれど、ごく一握りの人に過ぎない。維新後、武士の多くが貧窮する中、実務に長けた人が頭角を現す。あぁ、本当に世の中が大きく変わった時代だったのだなぁと改めて思う。

副題が内容を表している本だった。面白かった。
映画もDVDになったら見てみたいな。
2011. 01. 22  
今流行りらしい、ウィルス性の腸炎とやらでノックアウトされてました。

水曜の夜中にお腹が痛くなり(そもそもの原因はデザートに食べたアイスの気がする<アホ)、寒ーい中トイレから離れられず、深夜にお湯と薬を飲んで布団に入ったものの震えが止まらず。朝には38.9℃ わぉ、7月にインフルエンザもどきに罹った時より高熱。
医者に行ったものの解熱剤をもらえなかった(言わなくても出ると思った、処方箋を確認する気力がなかった)ので、夕方まで38度台。そのあと徐々に下がりましたが、しんどかった…… 脱水症状を起こすから水分補給するようにっていうのは常識なんですが、その威力を前回の点滴で実感したために、今回はスポーツドリンク装備。こういう時は湯冷ましやお茶よりも飲みやすいんですねぇ。めったに発熱しないので初めて実感。

木金と仕事休んで、友人との新年会も欠席。うぅ残念だ。すごく久しぶりだったのに。
どうもですねぇ、職場でうつされた気がします。人を疑っちゃいけない?

高熱が出るような風邪って、ほとんどひかない性質だったのですが、歳なのか? 歳なんだろうなorz
インフルエンザ以外はあまり罹らないと思ってたのですが、考えを改めるべきなのか。
とりあえず、今日は外出したらまだフラフラするし、お腹と頭がたまに痛い。回復も遅いなぁ、困ったもんだ。
2011. 01. 05  
正月にメモとして残しておくつもりがすっかり忘れてました。
今年は元旦から外出続きで。あれ?年明けてから一日家にいたことがない。ちょっと私にしては出歩き過ぎだ。

年末に最終回だったものをいくつか。

「伝説の勇者の伝説」
こういうの好き。でもWiki補完必須だったと思う。続きの「大伝説の勇者の伝説」を二期としてやってくんないと意味ない。だってそのための前振りって感じだったし。当初の勇者の遺物探しってのはほとんどしてないし?話を膨らませまくってるので、それをどうまとめるのか見てみたい。
気になったので原作は1冊だけ読んでみた。すぐ読める。すぐ読めるけど、既刊が多すぎてチャレンジできない。

「屍鬼」
小野不由美ホラー。十二国記の作者だけど、ホラーが嫌いなので未読。藤崎竜が漫画化してるのは知ってた。アニメは藤崎版。相変わらずのキャラデザ…フジリュークオリティは好きv アニメも面白かった。屍鬼の正体がどうこうよりも、彼らと人間のやるせなさとかが。酷いのはどっちだろう?とかね。まぁネタは使い古されちゃってるのでここでは省略。人と屍鬼と人狼の葛藤が良かった。ちなみに終盤の静信はよくわからなくてウザかった。
小説版と違う展開の漫画、夏野をいかすお話は良かったと思う。が、なにより最終回が最低すぎる。なにあれ? 最終回なのに次回予告枠で数日後とか、はぁっっっ!? 余韻を残すとか、視聴者にゆだねるとか、そういうレベルじゃない。最後だけは本と漫画見てみるかな。

「海月姫」
爆笑。そしてキュンキュンしちゃうw 定番だけど、だからこそ好き。ビバ王道。しかし彼女たちはほとんどヲタ女子なだけで、腐女子じゃないよね? 放っておかれたらきっとニートだった私には親近感がわきまくり。まぁあそこまでヲタ命で生きられないけど。続きが気になる。

「俺の妹がこんなにかわいいわけがない」
ラノベが売れてたのは知ってるので視聴。兄貴がイケメンすぎる…… 偉人だよ、えらすぎる。

「荒川アンダーザブリッジ」
これ、一期の方が面白かったなぁ。金星行きの話が中途半端で。原作はどこにおちつくのかしら?
少しずれるけれど「金星特急」を読んでる間中、ニノさんが頭から離れなかった。だって金星だし。金髪だし。

なんか他にも見てた気がするのだけれど、忘れた……
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。