--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 09. 29  
あぁ、新刊だ、と思って図書館に手配。案外早く回ってきたな。
ここにきて映画化、ドラマ化と、ミリタリー要素を離れてからの広がりがすごいな。

ストーリー・セラーストーリー・セラー
(2010/08/20)
有川 浩

商品詳細を見る


妻は小説家、夫は会社員、そんな夫婦が主役の二編。Side:Aは既出で、後半のSide:Bが書き下ろし。妻の小説を一番近くで見守る夫。どちらも彼こそが一番の読者。彼らに降りかかる病、幸と不幸。

確か昔、作者はハッピーエンド主義だと言ってた気がするのだけれど、違ったかしら。煙に巻く幕切れだ。私には幸せなラストとは思えない。「フリーター、家を買う」もそうだけど、取り扱う題材が題材なので結構重い。これ、Aだけ読んでたら、いわゆる泣ける話。Bが始まったとたんに、えぇぇっ!?と驚愕し騙された感が…… なんか裏切られたというか、手の平を盛大に反されたというか。
夫婦の遣り取りはかなり甘め。まぁ、有川さんだし、当然かw
Aに出てくる独居老人とその家族の遣り取りは、だいぶ身につまされた。家族だとか親戚だとか、本当に色々あるよね…… 積み重ねて来た過去と近い距離が生み出すやるせなさ。回り続ける歯車に小石が挟まり、歯が欠けてずれて壊れていくよう。暗澹とする。私は鈍感な上に言語化能力も貧弱なので、怒りにまかせて言葉で相手を叩き潰すってしたことないのだけど、それができる妻をちょっとうらやましく思ったりもする。そう思うのは場違いなんだけど、不愉快な苛立ちをモヤモヤと抱え続けるより、瞬間燃焼というか爆発させられたら良いのに、と思う。
電車の中でも読んでいたのだけれど、Bの妻の願いと怨念の結晶のページは思わずページを閉じた。あのページを開くと異次元が展開する。見てはいけないものを開けてしまったと思った。明るい通勤電車の中、ど迫力だった。ビビった。

全体的にはとても読みやすい。さすがラノベ、サクサク読めちゃう。(あれ?この本って、もうラノベの扱いじゃないのかな…?)楽しくはないけど、やっぱり面白いかな。昔は苦手だったこの人の言葉の選び方も、最近はそうでもない。現実が大分入り込んだお話に知識がちょっと増えた気がするw

スポンサーサイト
2010. 09. 28  
先週は祝日も2日あったし、急ぐ本も無かったので、再読週間。
「みをつくし料理帖」1~3と、この本。一週間で4冊は最近の私にしたら早いなぁ。あ、睡眠削ってたからか?

記事をUPして無いから、最初に読んだのは2年以上前らしい。単行本で読んで、いつか文庫が出たら入手しようと思ってた。で、最近手に入れたのだけど、驚くほど忘れてるorz 箱根駅伝に出る10人のうち6人しか思い出せず、頑張っても8人までだった… 

風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
(2009/06/27)
三浦 しをん

商品詳細を見る

装丁は単行本の方が良かったなぁ。洛中洛外図みたいなやつ。まぁ文庫は表紙面積が小さいから転用は無理だろうけど…

東京の寛政大学に入学するために上京した走(かける)は、とある切欠で竹青荘(アオタケ)に入居する。崩壊直前なボロアパートの10人目の入居者となった走の歓迎会で、アオタケを仕切るハイジ(清瀬)が爆弾発言を投下。「目指すは箱根駅伝だ」 トップクラスの実力を持ちながら高校で暴力事件を起こしていた走、故障を抱えて長距離競技から遠ざかっていたハイジ。しかしそれ以外のメンバーは素人。ハイジ以外の誰もが驚く中、宥めすかし脅し、静かな熱意を持って彼らを導くハイジ。たった10人の寄せ集め俄かチームは箱根駅伝を目指す。それぞれが真剣に走る事と向かい合いながら、目指す箱根に有るものは。ハイジ、走、ユキ、ニコチャン、ジョータ、ジョージ、ムサ、神童、キング、王子の箱根への挑戦。

なんかね、再読なのに感動しまくってしまった。初読よりジワジワきた。大方のストーリーは覚えている(読んでるうちに思い出す)から、より深く読める。ストーリーとキャラは面白いし、走りの描写も美しい。シリアスとコメディのバランスがちょっと他に見ないくらい絶妙だと思う。
そりゃ寄せ集めのメンバーで箱根駅伝なんて荒唐無稽なんでしょう。でもだから良い。そんなん考えた事もないメンバーがほとんどだから、読み手に親近感が湧く。

長距離の孤独とか走ることの高揚とかは、結構わかる気がする。私は運痴で短距離も球技もダメだけど、マラソンは数少ない得意な種目だったからかな。文化部だったのにねw 王子とかニコチャンの気持ちが近い。学校の体育は嫌いだったけど、イコール運動が嫌いなわけじゃないと知ったのは社会人になってからだ。誰の足も引っ張らず、負け続ける事も無ければ、体を動かす事は気分転換にもなるし楽しい。これこそが本当は学校で教えるべき事じゃないのかな? 私が受けた体育の授業では気付けなかったよ。ニコチャンのように。ハイジの言う「速さより強さ」ってのも、これと似ている。勝敗は見えてる範囲がすべてではない。
私はマラソンはいつも誰ともつるまず一人で黙々と走るのが好きだ。ハイジの言う向いてる要素があるんだろう、内面的な部分で。社会人になってからスポーツクラブに通う人は多いけれど、それぞれメニューの好みがある。私の中では走るのは上位に入る。「ナルニア国物語」の最終巻に、疲れる事がなければ走り続ける事はとても楽しい、とかいうのがあって、それはわかる気がしてた。苦しくても、それを上回る魅力に取りつかれて、それを突き詰めていくのが走やハイジ、ジョージなんだろうな。いや、箱根を走りきった者すべてがそうなのかもしれない。

個人が全力で駆け抜け、皆で襷をつなぐ。個人競技であり、集団競技である駅伝。熱いなぁ、青春だよ。個性的な面々がそれぞれ活躍してるし、当然ながら仕上げの箱根でもよくキャラが書かれてる。
しかしハイジの炯眼ぶりが怖ろしい(笑) 大学生でこの人心操縦ぶりってw ダメな所も裏があるっぽい所も良い味出してる。王子が黙らされたハイジの噂が凄く気になるなぁ。対極にあるのが監督である大家だ。この人、結局最後まで名監督の面影ゼロじゃん(笑) 監督らしき事は何一つない。まぁ笑わせてくれるからOKか。
他のメンバーも皆本当に良い。細かく語るとまだまだ続いてしまうから諦めよう。

再読でここまで夢中になるとは思わなかった。本当におもしろい。大好きだ。
箱根駅伝見たくなる。まだ全部見たこと無いんだけどね(^^;) TVあんまり見ないし…
そういえば映画もやってたな。文庫発売が時期合わせてたはず。年末あたり地上波でやるかな? この巧みな内面描写を映画で表現するのは難しいだろうな。風景を目で見るのには良いかもしれないけど。ちょっと見てみたいな。原作にここまで傾倒してると、辛い事しか言えないだろうけど。
うん、この本は名作だ。スバラシイ。
2010. 09. 27  
絶対今年の夏に地上波でやるはずだと思って、テレビ欄はチェックしてたのに見落としたらしい…
レンタルしてきて視聴。観たのは一週間前なのですでに忘れ始めている(^^;)

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
(2010/08/01)
神木隆之介 桜庭ななみ

商品詳細を見る


うちにブルーレイは無いけど、このサムネの方が好きだからブルーレイ版でw


あらすじは省略。

大人になってからアニメに戻ってきたきっかけが「時をかける少女」 同じ監督なので必ずに見ようと思ってた。
最近さんざんアニメ見てるので、「時かけ」ほどの感動は無かったのだけど、面白かったし、楽しかった。じーんとくる場面もあるし、こういうのは好き。ストーリーとしてははっちゃけてるけど、それもまた良し。暑い内にみて良かったなぁと思う。
こんなに大勢じゃなくても、親戚とか集まるといろんな人がいて、あぁこういうのあるある、とかw

なんか毎回言ってる気がするけれど、アニメ映画はちゃんとした声優でやってほしいなぁと思う。
主役の神木君は、今回のは違和感無かったけど、アリエッティはハズレだったし、この作品でもカズマの声には最後まで慣れなかった。だってどうやったって少年の声じゃないよ。あれは女の子。途中までアバターが男なだけだと思ってた。
2010. 09. 19  
確か、どんでん返しという言葉に魅かれて、書評を見て購入した本。

ルームメイト (中公文庫)ルームメイト (中公文庫)
(2006/04)
今邑 彩

商品詳細を見る


大学生となり上京し、偶然出会い部屋をシェアして住み始めた春海と麗子。だが4ヶ月後、麗子は失踪。探す春海。その中で明らかになる麗子の二重・三重の生活。不干渉をルールとしていたとはいえ、探るほどに知らない麗子が見えてくる。そして見つかる麗子の死体。続く連続殺人と、麗子の関係はなんだったのか。


読み始めてすぐ、「なんで携帯で連絡しないんだ?」と思って後ろの方を見ると1997年の発表作。そりゃ、大学生が携帯持って無くても当然だな。持ってる人もいたけどデフォルトではない時代。他にもPC関係がちょっと懐かしいw 10年ひと昔というけど、確実にあのころとはインフラが大きく変わったよなぁ、とちょっとずれた感慨にふけった。


以下若干ネタバレ風味です。

そもそもテーマからして、あぁ、昔流行ったなぁと記憶を辿れる。話の中でも出てくるけれどビリー・ミリガンといえば多重人格。この本も延々その話だ。多重人格は様々なメディアで題材にされたから、すでにこちらにはそれなりの知識がついてしまっている。なので、どんでん返しは私には通じず残念。だって要因とか、分裂した人格の多様さや、その関係性とか、知ってたら予測がついてしまう。
最終ちょっと前で、異例にも作者のあとがきがあり、残りは「後味がチョー悪い」と言っている。でもこれはきちんと読まないと、そのあたりのフリにオチがつかない。すでにフリが入っているから、意外性もさほどではないし、むしろ登場人物の考えが甘過ぎないか?と思ってたので当然の結末だよなぁと納得。バッドエンドでも因果応報としか思えなかった。

求めてた意外性が得られず、残念。多重人格について知らなければ楽しめたかもしれないなぁ。

2010. 09. 17  
待ってたよ! みをつくし料理帖4巻目。
しっかり発売日に購入。でも職場の近所の中堅本屋じゃ売ってない… 使えん店やなぁ。

今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)
(2010/09)
高田 郁

商品詳細を見る


「花嫁御寮-ははきぎ飯」
すでにほぼわかっていた小松原の正体が判明。なんかもうこっちのフラグは消えたと見てよいのかなorz 悲しい。

「友待つ雪-里の白雪」
清右衛門があさひ太夫を題材に戯作を書くと言いだして… 野江の過去と現況もこれで判明。この本で大笑いしたのがこの話の澪のせりふ。思わず大阪弁に戻って、しっかり釘を刺すのが大変よろしいかと(笑) 最後の清右衛門の挑発というか提案が好きだな。「天満一兆庵」の再建は澪の元々の願いだけれど、「つる家」も大事だし。両方ってのはだめかなぁ。そういえば失踪中の若旦那については話が進まなかった。次回期待。

「寒紅-ひょっとこ温寿司」
この料理は蒸しているから熱々のお寿司だけど、寿司はちょっと温い方が美味しいよね? おりょうの旦那・伊佐三の浮気疑惑騒動。みんな優しいなぁと思う。そして澪はちょっと辛かったり。

「今朝の春-寒鰆の昆布締め」
登龍楼との料理勝負。これも澪の試練か。 そんなにこの料理美味しいのかなぁ? 鰆は好きだけど、食べてみたいなぁ。岡山いったら食べれるのかな?


今回は全般的に澪には辛いお話。身分の壁を越えようって話じゃないものね。自分の中で決着をつける話が多いかな。恋にしても勝負にしても。もうちょっと未来に光がさしてほしいな。
でも相変わらず人の心が優しくて好きだ。
2010. 09. 13  
迫力のあるタイトルはインパクトが強く、各所で紹介されているのを見たので購入。
SFの新規開拓は久しぶりだ。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤 計劃

商品詳細を見る


2020年頃と思われる近未来。先進国では徹底的な管理社会ができあがりテロも減っていたが、後進国では逆に内戦・紛争が異常に頻発していた。アメリカ情報軍のクラヴィス・シェパード大尉は特殊部隊員であり、部隊は最先端のハイテク技術を用いて暗殺を行っていた。やがて浮かび上がる毎回逃げおおせるターゲット、ジョン・ポール。彼が行く先々では争いがおこり大量殺戮が横行する。なぜ?どうやって? 人が助けあい、殺し合うのはなぜ?

SFで軍事物でもあるけど、内容は脳科学とか心理学っぽい。
前半部のプラハでの会話はちょっと付いていけず、「優雅なハリネズミ」を思い出してたら「チェコ的というよりフランス的」という部分を見て物凄く納得した。思索的すぎて私にはハードル高いよorz 

謎を追いかけて、SF満載でドンパチするのかと思ってたら全然違う。言葉って?っていうのがテーマの一つだったり。ハイテク機器は読んでて面白いし、アクションもちゃんとあるけど、基本的には思考の話というか。クラヴィスの一人称だから特にそうなるのかな。主人公には感情移入しなかったから、距離を持って話を読み進めた。
こういうと不謹慎な感じがするけども、虐殺をもたらす方法は面白い。最後のどんでん返しも私は好きだな。伏線を重ねて創られるものじゃなくて、お話が進んで行くと結論が裏返っちゃうというか。まぁ、人が死に続けるのに変わりは無いので救いも無いけど。

全体としても面白かった。ちょっと科学物ノンフィクションを読んでるような気がしないでもない。
私はこの本でこの作者を知ったのだけど、彼はもういないんだよなぁ。2009年にたった34歳で亡くなってしまっている。なんて惜しい。

2010. 09. 08  
古本屋で他の本を探していたら、呼ばれちゃった本。
たぶん、こないだ読んだ「うわさの神仏」とか森見作品の影響かな。

怖いこわい京都 (新潮文庫)怖いこわい京都 (新潮文庫)
(2010/05/28)
入江 敦彦

商品詳細を見る


別に怪談集じゃないですよw
「まぁまぁ、ぶぶづけでも」的な、京都の腹黒さというか、笑顔の下の怖さのようなものを集めたエッセイ99編。京都人の作者が、怖いものに魅かれて歩く京都案内とも言えるだろうか。とても読みやすい。

京都と恐怖って通じる部分があるってのは、よくわかる。なんでだろう? おどろおどろしい何かがある感じ。歴史を感じさせる文化の数々のせい? 
私の曽祖父母あたりは京都にも住んでいたそうで、その財産には京都の町家もあったというけれど、住みたくは無いなぁ。というか無理っぽい(^^;) スキルが足りないよw 小学校卒業後は霊感なんぞとは毛ほども縁がない。無くてわからないから、あるかもしれない危険には近づかない方が良さそうで。触らぬ神に祟り無し。本で十分です。
おもしろかったv
2010. 09. 05  
それは一昨日の晩の事。
私はノートPCを開いていました。右前方には柄物の絨毯の上で首を振る扇風機。
ふと、視界の端で、何かがその扇風機の足元を過ぎったような気がしました。
が、そちらはあまり床が見えません。家具もありますが、大部分は突っ込み不要の物で塞がれています。
可能性としてはGのつくヤツです。
たまに、窓がちゃんとしまって無かったりすると、入りこんでうろつくヤツがいるのです。
蚊とG対策に置いてある殺虫剤を手元に用意。とりあえず見なかったことにして、PCを続行。

数十分後でしょうか。
またもや同じ場所で何かが過ぎったのを認識。
視線をやって驚いた。

ムカデ……っっっ!?

ここは二階ですよ!? 屋内ですよ? アンタ私の部屋で何してんの???
さすがに見なかったふりはできません。
なんせ有毒。蚊に刺されても酷い炎症を起こしたりするのに、いわんや百足をや。同じ部屋で眠るなんて無理です。
追いかける。荷物をどかす。向かってくる。逃げつつ、カーテンと窓を開ける。A4のパンフを手に取る。
うん、だって普通の殺虫剤なんか効かなさそうだし。かけたら返って暴れそうだし。
布(積んであった服とも言う)の間に入り込みそうなのをなんとか阻止して紙の上に乗った所で窓の外へ投げる。
が、簾を上げる暇がなかったため、落下地点は窓の桟から5センチ程。
夜中だというのにシャコーーンッと音高く網戸を閉め、窓も施錠。
10センチくらいのヤツだったので、たぶんもう窓からの再侵入は無理だと思うんだ。
戦いが終わった後は心臓がバクバク言ってました……

元気にピンピンしてる百足に遭遇したのは、ほぼ初めて。
死体は見た事ある。走り去るのをちらっと見た事もある。もちろん屋外で。
そして、家の周りに生息している事も知ってはいた。
だーけーどー。屋内の、二階に出てくるとは予想外。
家族に聞いても家の中では見たこと無いそうな。20年近く住んでるけど。
たぶん、今度工事が入るので家の周りの植木類を沢山動かした為に血迷ったヤツが現れたんだろうと思いますが、驚いた。
UPするに当たって調べたら、Gとか捕食するために屋内に入り込むことがあるらしいですね……Gの天敵という点については活躍を期待したいところですが、屋内での共存は無理です。Gは台所に居るもんです。ここにはめったにいないって。
大きいというか長いので、G程素早くないし、空も飛ばない。頭はあんまり良くなさそうw
無傷で勝利したので良しとしよう。殺生もしなかったしねv
しかしとにかく驚いた。噛まれなくて良かった。
2010. 09. 01  
荻原規子さんのブログで取り上げられてた本。
「ファンタジーのDNA」で思ったけど、この人とは読書の好みの傾向が結構似てる気がする。ノンフィクションとかでも。

日本人になった祖先たち―DNAから解明するその多元的構造 (NHKブックス)日本人になった祖先たち―DNAから解明するその多元的構造 (NHKブックス)
(2007/02)
篠田 謙一

商品詳細を見る

↑画像だとよくわからないですが、イラストは日本の上で手を取って踊る骸骨ですw 

主にミトコンドリアDNAを用いての人類拡散の歴史にせまる。日本人はどんなルーツを持っているのか。現代人だけでなく古人骨からもそれは探る事が出来る。出アフリカからユーラシア、アメリカへ。縄文人と弥生人からなる日本人の二重構造論。

密林のレビューにも書かれているけれど「人類の足跡10万年全史」と被る部分が多い。読みやすさ、説の大胆さと面白さでは「人類の足跡10万年全史」の方が印象に残る。でもこの本は日本人をピックアップしてるので、より身近。やはり実感がもちやすい。下戸の遺伝子とかw 全般にはちょっと学術的で固く、慎重な感じがした。こういう話の入門書としてはやや難しいかな。私は上記の本を読んでるので復習してる感じ。

目新しくてビックリ、というのはほとんど無し。でもやっぱり知らない事をたくさん知る事が出来て興味深かった。
作者は主張する。学術的なことを踏まえた上で、人間同士が如何に近しい物であるかということ。見た目が違っても、遺伝子の上ではその差はほんのわずか。そしてその遺伝子も次々に組みかえられていく。その視点から見れば人類はみなほとんど同じであると。人間の遺伝子の多様性は、他の種と比べても少ないという。はるかな未来にはどうなるのだろう。新大陸の発見を「人類の最初の旅がすでに終わっていたことを確認しただけ」というのが良かった。


↓ブログ内に記事をUPしているかと思ったのに無かった…
発売3年前、ここ始めたの2年前となるとその狭間か。壮大なスケールで面白かった。
人類の足跡10万年全史人類の足跡10万年全史
(2007/08/31)
スティーヴン オッペンハイマー

商品詳細を見る
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。