--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 05. 27  
なんとなくタイトルが目について予約したような気がする。最早覚えていない…

恋文の技術恋文の技術
(2009/03/05)
森見 登美彦

商品詳細を見る


四月。修士課程1年の守田一郎は、能登半島にポツンと存在する臨海実験所に飛ばされる。鬼軍曹の谷口さんにしごかれつつ思い立って、京都の友人・知人たちと文通を始める。
友人のマシマロ小松崎とは、彼が一目ぼれした後輩三枝麻里子との恋バナ&阿呆な話。最強の先輩の大塚緋沙子大王に反撃してみたり、先輩であり知人の森見登美彦氏に恋文の技術の伝授を頼んだり、家庭教師をしていた間宮少年や妹の薫への手紙の数々。文通武者修行の成果や如何に。一番想いを伝えたかったはずの伊吹夏子へ恋文を書くことはできるのか。

一郎の書いた手紙オンリー。対象ごとに章が分かれているけれども、時系列で見ても面白いと思う。気に入ったフレーズを使いまわしたり、背景での出来事とか分かると違う味わいがある。阿呆な話も笑えるので良いけど、緋沙子大王との応酬が面白かった。谷口さんは文通相手じゃないけど意外性があってキャラが濃い。
全体としては相変わらずの森見節が気持ち良い。ときどき噴き出すw 学生時代最後のジレンマとか、あんまり思い出したくは無いけど懐かしくもあるような… 
私の好みとしては、もっと妄想が炸裂してる物の方が読んでて愉快だ。



スポンサーサイト
2010. 05. 10  
「デュラララ!!」があまりに面白いので、同じ原作者のアニメも見てみました。時間がないとか言いつつちょっとずつねv デュラララにもバッカーノのキャラが出ていたし。(同じ世界のお話なので、色々リンクがあるらしい)
これ、たぶんTVオンエア時にGyaOでもやってて、1話の冒頭だけ見たんですが、群像劇に興味が無くて外した覚えが。OPに出てくるキャラの多さだけで、引いちゃって。でも実際に見たらあんまりそこは問題じゃなかった。

BACCANO!(バッカーノ!) 01 [DVD]BACCANO!(バッカーノ!) 01 [DVD]
(2007/10/24)
小野坂昌也.あおきさやか

商品詳細を見る


1931年、アメリカ大陸横断鉄道を走るフライング・プッシーフット号の車内ではBACCANO(馬鹿騒ぎ)が繰り広げられていた。不死の酒とそれを飲んだ不死者をめぐって起こる狂騒。

見始めた時に年号に注意してなくて、お話の順序がわからなくてWikiでカンニング(^^;) 1930年から32年あたりを中心に過去にもどんどん飛ぶ。時系列に沿わない作りなので、年号把握は必須。でも後半になると全ての話が繋がってくるのが見事。是非もう一回通して見たい。一通りの流れが分かっていて見るとまた別の味があるに違いない。1話だけ見なおしたけど、こういうところから始まったのかと驚く。全部見ようと思ってからでも1月以上たってるのだけど、最初はいかに何もわからなかった事か。知ってて見ると楽しい。このまま2周目行くか…?

しかし登場人物多いなぁ。OPで名前が出るのが18人。名前出ないけど重要人物も1人。EDはOPと大分被るけど24人。これメインキャストばかりなのにw マフィア、テロリスト、不良少年、殺人鬼、怪物、泥棒…普通じゃない人が多いけど、その個性豊かな所が面白い。
コレ考えた作者の頭の中ってすごいな。しかも20日で1冊書いたとか… 群像劇を思いつける頭の中って理解できん。原作は読んでないけど、アニメで十分楽しめた。
とても面白かった。



2010. 05. 08  
本編の続きですが、前に読んだのが7か月前。
どうしよう、かなり記憶喪失です。大筋といくつかの場面は覚えているけれど、忘れている部分の方が多い。
その状態で読んでもさほど問題は無いけれど、すっきりしない…

狼と香辛料〈14〉 (電撃文庫)狼と香辛料〈14〉 (電撃文庫)
(2010/02/10)
支倉 凍砂

商品詳細を見る


北の地図を手に入れ、いよいよヨイツへの最後の旅かと思いきや、それが不可能に? 禁書をめぐる駆け引きがもたらすものは。

長い物語の着地点が見えてきた感じ。お話としてはあんまり進んでいないのだけれど。
ロレンスがかわいいなぁと思う。ホロもだけど。本音を意図して隠す事、無意識下におしやること。傷つくことを恐れて臆病になるのは誰しもか。

「妥協した結果そこそこ幸せになった物語は多々あっても、妥協して満足した例はほとんどない」「失敗しても、満足している例はたくさんある」ってのがちょっと今は刺さる。私の人生既に妥協だらけだよ…


ところで、あとがきを読んで驚愕したのですが、作者男性だったんですね。
このネーミングって女性だろうと思いこんでました。思い込みって怖いな。
2010. 05. 04  
今期のアニメは曜日が偏っているので、意外に見るのが大変… 見てる本数は減ってるはずなんだけどな。
でも面白いものを逃すなんていう、勿体無い真似はできない。


「荒川アンダー ザ ブリッジ」
私としては今期No.1w 「聖☆おにいさん」の中村光が原作。爆笑必至。普通な人が誰もいないw タイトルは知ってたのだけど、作者が中村光とは知らなんだ。製作のシャフトともよく合ってるんじゃないかな。1回の放送が「1ブリッジ」で、1回に数話詰め込み。すごいな頭柔らかいな。そのせいでテンポは早くダレとは無縁。毎回あっという間に終わってしまう。スピード感あるボケとツッコミがたまりません(*^^*) OPがかわいくて好き。クセになる。



「WORKING!!」
商業誌に載る前からWebの方で知ってたけど、ついにアニメ化かぁと。こっちも面白い。


「閃光のナイトレイド」
アニメのチカラ、第二段。上海事変直前の魔都。というと先日読んだ「ジョーカー・ゲーム」が共通度高し。同じ時代、上海、スパイ物とくるとね。ただこれも「ソラノヲト」と同じでコケる可能性が…中盤に入っているのに大きな流れが出てきてないんだよなぁ。今のところ興味を持ち続けているけど、どうなるかしら? あ、OPがめっちゃかっこよくて大好き。あの曲が耳から離れない。画もグー。


「四畳半神話大系」
原作を読み終わってるので、早口な語りも余裕ですv 知らなかったらちょっと気が抜けないかも。かなりのスピード展開。1話1パラレル世界(?)なのでサクサク進みます。これ原作は4パラレルなのに、アニメは全話別でやるのか? だとしたらすごいな。小津のキャラデザが人外で笑える。原作でも妖怪って書いてあったしな。うん、小津はもうそれでいいよ。樋口さんも相当だけど(^^;) これはEDがお気に入り。画よし、歌よしw OPもアジカンえぇなぁと再認w


「さらい屋五葉」
オノナツメ原作。この人「リストランテ・パラディーゾ」の画の人だ!とちょっと驚き。私にはオジサマ萌え要素が無いので他の作品はタイトルくらいしか知らないのだけど、好きって言う人は多いなぁという認識。ヘタレ極まれりっていう浪人・政之助。身代金目的誘拐の「五葉」に巻き込まれ…って非常に展開が楽しみ。これもOPが好き。テクノ系音楽と時代画が私には違和感がない。コメ付きで見てるとやたらみんな「ござる」というのが笑える。みんなそんなに気に入ったのかw


「Angel Beats!」
アニメオリジナル。麻枝准が原作。私この人の名前を知らなかったのだけど「AIR」「CLANNAD」の人と聞いて納得。直接触れた事は無いけど、あんだけ信者がいるってことは面白いんじゃなかろうかと期待。今のところ普通に面白い。死後の世界で神(天使)に反逆する高校生達って設定にはそれほど魅かれるわけじゃないのだけど… あ、第2話が笑い死ぬかと思ったw 泣きゲーの人なのに、今のところ私は笑えるので見てる。


引き続き見てるのは「デュラララ!!」とかハガレンとか。デュラララは大変面白いです。ただOP・EDは前の方が好きだったなぁ。今のも悪くは無いのだけど耳から離れないってのはまだ無い。EDの画も今回はキャラ並べただけだよね…繋がりもあんまなくてつまらないや。

ということは、相変わらず週1以上見てるのか。道理で時間が足りないわけだ。でもどれも面白いので減らす気にはなれない。
2010. 05. 04  
みをつくし料理帖3巻。3月発売の最新刊にもう追いついてしまった…
続きが読みたくて本屋で即ゲット。目立つように置いてあった。うん、私が書店員でもプッシュしたいわ。

想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
(2010/03)
高田 郁

商品詳細を見る


今回は今までのお話がそれぞれ進んだ感じ。
失踪している天満一兆庵江戸店の若旦那・佐兵衛。吉原の遊女に入れ込んだ末に店を売り失踪したと言われていたが実は…。あと浪人・小松原の本職についても。しかし小松原は2巻以降登場は少ないよなぁ。澪は源斉の事がそういう意味で眼中にないのでちょっと彼が哀れw タイトルは幼友達の野江関連で。こちらもほんの少し距離が縮まったかな。
料理名で行くと、「う」尽くし、ふっくら鱧の葛叩き、ふわり菊花雪、こんがり焼き柿。

水害で人生が一変した澪と野江。生死すら不明だったのに、思いがけぬ場所での消息。いつかきっと、と思う澪がいじらしい。野江にも救いになるのかな。澪にはつる家の皆がいるし、野江には又次がいる、これは安心できるポイントだなぁと思う。澪と又次が料理に熱中しちゃうところが好き。鰻や鱧に毒があるっていうのは知らなかった。私も食い意地の張った人間なので食べ物関連の話は興味深い。
調べて気付いたのだけど、本作に登場する「駒繋ぎ」が表紙の植物なのね。見たこと無いなぁ。

次回作を待ちつつ、作者の他の本を図書館で予約v うん、良いねぇ、この雰囲気。

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。