--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 07. 25  
半年に一度くらいでしょうか。
オンノベの新規開拓熱がやってきます。

更新されるのを待ってる作品はいくつもあるのですが、悲しいかな、更新停滞はよくあること。
趣味で書かれてる人ばかりですからしょうがない、オフ優先ですもの。
私は基本的にヒマ人なので数カ月どころか数年単位で待ってたりもしますが…
それでも更新が少ないと、日々の楽しみが減るわけです。
見事に完結しちゃう場合も、満足とともに寂寥感が。

で、ここ一週間ほどいろいろ探してみたのです。
しかし、なんですね、好みに合うものが減ってきているのは、私が年食ってきたからでしょうか。
守備範囲が狭まっているような。
ファンタジーとか恋愛ジャンルで探しているのですが、PR文で魅かれることが少なくなったし、ためしに読んでみても続きを追いかける気が起らなかったり。

これはオンノベに限らず、アニメやマンガにも言えるのですが、主人公が中高生で成長物という、王道ストーリーが読んでて厳しい。序盤の成長前部分で挫折しがち。そこからの成長が見せ場なのかもしれないけれど、初期の段階で登場人物にうんざりしてしまうことが続いてます。全部が全部じゃなくて、登場人物の至らなさが気にならない作品もあるのですが…
作品や作者との相性の問題かしら?
会話主体の作品も増えているようですが、面倒臭い。無駄な言葉が多い感じでストーリー展開を邪魔していたり。もちろん会話こそが面白い作品も世の中にはありますが。そうじゃない中途半端でダラダラ続く会話が読むに堪えない。

偉そうなこと言っても、自分でお話を創れない以上「読ませて頂いている」立場ですがね(^^;)
このミスマッチはどこから起こるのか。
これらの作品の傾向=世の流れ?
それともお話を書いていると思われる二十歳前後の若手とのジェネレーションギャップ?


そうそう、ちょっと驚いたことが一つ。
私がオンラインノベルに手を出したのは10年くらい前でしょうか。当時は検索サイトの数も少なかった。良く使ってたのは「楽園」というサイトでしたが、これも数年前には閉鎖してしまいました。
上記の新規開拓の関係でブクマもチェックしてたのですが、未だに私のブクマにはその「楽園」があったのです。ふと思いついて「404 Not Found」になるのを承知で飛んでみたらば……
「結婚相談所*****」というまるで関係無いサイトに!
でもね、アドレスに相変わらず「novel」って含まれてるから、やっぱり過去の「楽園」だと思います。
いやまさか、そんな転身をはかられているとは。
ビックリした~
うん、この話についてこれる人が多いとは思えないけど、ちょっと誰かに聞いてほしかったのです。

引き続き新規開拓に赴いてこようと思います。
スポンサーサイト
2009. 07. 22  
先日「さみしさの周波数」を読み、スニーカー文庫から出てたのがもう一冊あったなぁと思い手にとりました。「きみにしか聞こえない」はだいぶ前に既読。


失踪HOLIDAY (角川スニーカー文庫)失踪HOLIDAY (角川スニーカー文庫)
(2000/12)
乙一

商品詳細を見る


短編の「しあわせは子猫のかたち」と、中編の表題作を収録。

表題作はちょっと複雑な家庭環境にある14歳の少女・ナオの冒険てところでしょうか。コメディタッチで基本楽しく読めます。使用人のクニコが良い味を出していますが、彼女がただの愚鈍なお人好しに終わらないのが良いかと。

短編の方がインパクトが強い。
初めて乙一作品を読んだ時に、そこに書かれる孤独感が、過去に覚えがあり過ぎて圧倒されたのをよく覚えている。そこに書かれる主人公の気持ちがわかりすぎるほどわかるというか、自分の内面を自分以上に乙一が上手に言葉にしていて衝撃を受けた。
これもその系統。大学進学し一人暮らしをすることになった「ぼく」 だが彼が望むのは孤独だけだ。新居は曰くつきの物件で、不思議なことがたくさん起こる。だが「ぼく」は順応し、姿無き先住者との交流も深まっていく。
この「ぼく」ほど絶望しきってたことはないけれど、わかるものはたくさんある。孤独をはじめ、いわゆるマイナスの感情がほとんどなんだけれど、身につまされるというか。お話も、オカルトではあるかもしれないけれどホラーではないし、最後もキレイに終わっていて良かった。
2009. 07. 20  
夕方に一周年記念を書きあげました。夜に見直してからUPしようと思って。
そのあと、夕食をはさみつつ昨日の夜から読んでいたオンノベを読んでました。やっと面白くなってきたなwとか思って。

21時半頃に気付いたんですが、なんか忘れてないか?

……ハッ!?

2日前から待ってた、ネット通販の販売開始が19時だったよね?

忘れるわけない余裕だ、60個限定といえども19時を待ち構えて注文かけるぜ!!これはいける!現時点の底値だ!送料込でお得だ、賢い買い物だ!
とか思ってたんですよ、15時くらいまではね。

開始後2時間半も経っていては当然売り切れていた、そう当然。

アホすぐるorz
今度から開始前メールを利用しようと思います。ケータイをそばに置いてないと意味ないかもしれないけど。
悔しい~~~、自分のアホさが腹立たしいったらありゃしません。
なるべく早く欲しいけど、こうなったら意地でももっと安く買わないことには収まりません。
家電なので低価格化は望めるはず。
でもポイントの関係考えると今月中には欲しかったな。
あぁぁ3時間前に戻りたい……

2009. 07. 20  
本だけじゃなくアニメ関連もついでに答えてみようかと。
どのジャンルもいろんなバトンがありますが、アニメ・コミックのジャンルは他に倍以上の差をつけて断トツに多いです。理由は推して知るべしかw



バトン

Q1 ヲタと言われて完全否定できない ○・×でお答えください
A1 ○ 隠れヲタ、ぬるヲタの類かと
Q2 レンタルビデオ屋で借りるビデオの50%以上がアニメ系
A2 × ほとんど借りたこと無い。ネットで見えるし。
Q3 アニメを見て、一度でも「声優は誰だ?」と思ったこがある
A3 ○ たまに思う。
Q4 携帯の待ちうけ、PCのデスクトップがアニメ系。
A4 × 携帯はナイ。PCは良いのがあれば使うかも。
Q5 予約特典目的でゲームの予約したことがある。
A5 × ゲーム機持ってない
Q6 学校や職場で「ライトノベル」といわれるものを読んだことがある。
A6 ○ イラストページ以外なら何の本かわかりゃしないはず
Q7 テレビ欄を見るときはいつも下から見る。
A7 ○ あんまり見ないけど、言いたいことは良っくわかりますwww
Q8 友達に「iPod貸して!」と言われてかたくなに断ったことがある。
A8 ○ 言われた事ないけど断る
Q9 iPodやMDにアニソンが入ってる。
A9 ○ 入ってる。アニソンはテンション上げるのにちょうどいいんです。
Q10 深夜アニメを録画したことがある。
A10 ○ 今はネットで見ますが、昔は。
Q11 検索サイトで声優の名前を検索したことがある
A11 ○ 以前に聞いた覚えがあったりする時にはどこで聞いたんだろう?と
Q12 普段はシラケキャラ。
A12 ○ というか脱力系?
Q13 髪の毛が緑色、赤色、等に違和感がない
A13 ○ アニメだったら普通でしょ?
Q14 リアルで2ch用語を使ったことある。(キター等。)
A14 × たぶん、無いはず。詳しくないし。
Q15 アニメ系DVD,OVAを買ったことがある。
A15 × 無い
Q16 「えろげー」と変換して「エロゲー」と一発で出てくる。
A16 × 「エロげー」
Q17 「すずみや」と変換して「涼宮」と一発で出る。
A17 × 「涼みや」一発で出るかと思ったのに
Q18 他のヲタを馬鹿にしたことがある
A18 × 所詮自分も、ね
Q19 自分の財布を見て見ると、ゲームの予約券でいっぱい。
A19 × ゲームしない
Q20 授業中、仕事中にライトノベルを読んだことがある
A20 × それはやっちゃいかんだろ
Q21 アニメ系またはゲーム系のポスターを持っている。
A21 ×
Q22 また、それを貼っている。
A22 × 持ってないから
Q23 鼻歌はいつもアニソンだ。
A23 × いつもじゃない。たまに。
Q24 体育の授業があると憂鬱だ。
A24 ○ 学生時代はね。運動音痴に集団競技は向かない。
Q25 お気に入りのアニメ、またはゲーム系のサイトがある
A25 ○ 動画の検索サイトも含むのかしら?
Q26 土日は引きこもる。
A26 ○ 状況が許せば
Q27 アニメの為にトイレを我慢したことがある。
A27 ○ CMまで待つのが普通じゃないの?
Q28 サッカーの面白さがわからない。
A28 ○ 私が見ていると得点しない気がする
Q29 「オフサイド」って何?って思う。
A29 × 他のルールはあまり知らないけど、これだけ知ってる。例に出されすぎ。
Q30 野球を見たら、延長してほしくないと強く願う
A30 ○ アニメに限らず、ビデオ予約してた頃は何度涙をのんだことか。
Q31 よく知っているスポーツが一つもない。
A31 ○ そう言われるとそうかも
Q32 コミケに行ったことがある。
A32 × 行く機会はあったんだけど、都合がつかず
Q33 エヴァンゲリオンのキャラ、綾波レイの声優がわかる。
A33 ○ 最近他で名前をあまり聞かないから、下の名前が一瞬出てこなかった…
Q34 人と会話した後に全身が火照ったことが多々ある。
A34 × 無いです
Q35 男の主人公で周りが女だらけのシチュエーションに違和感を感じない
A35 × そんなエロゲーシチュ興味ない。でも逆ハーなら○
Q36 最近の金の使い道がアニメやゲームばっかり
A36 × 金は使わない
Q37 好きなジャンルの話になると周りが見えなくなる。
A37 × 羨ましいほどの集中力ですね
Q38 夏休み等の長期休暇の大半を家で過ごす
A38 × 旅行プランがなければ必然的に
Q39 友達のほどんどがインドア派。
A39 ○ 類は友を呼びますから
Q40 課題もないのに変な小説を書いたことがある。
A40 ○ 一度だけ。創作は無理と知りました。
Q41 家に帰ってから10分以内にパソコンを立ち上げる。
A41 × 先ず御飯
Q42 残酷な天使の●●●←この穴埋めができる。
A42 ○ この曲好きです。OP部分なら今でも歌える♪
Q43 カラオケでアニソンを歌ったことがある。
A43 ○ 過去に一度だけ
Q44 フィギュアやエロゲーを取り扱ってるお店に行ったことがある。
A44 ○ 「まんだらけ」ってそれに入る?
Q45 秋葉原が大好き。
A45 × 行ったこと無い
Q46 お疲れ様でした━判定━
A46 自動で判定してくれるわけじゃないのね…
Q47 「一つも当てはまらない」超健常者。 です
A47 そんな人おるん?
Q48 ○「1~5個」 まぁ、健常者です。
A48 わざわざよくこのバトンに挑んだものです
Q49 ○「6~15」ちょっとヲタ入ってます。
A49 この辺に該当するかと思いきや
Q50 ○「16~30個」 ヲタです。
A50 ここでした。やっぱりか。
Q51 ○「31~40個」 キモヲタ入ってます
A51 キモ部分に興味無いからね
Q52 ○「41~45個」完全なるヲタです。ヤバすぎです。
A52 極めることがヲタだというなら、ある意味尊敬レベル?
2009. 07. 20  
人生初バトンw
FC2のものを拾ってきました。いくつか探しましたが意外にマニアックで答えにくいものが多いですね。
というわけで、人気の答えやすいものを。


本好きさんのためのバトンバトン

Q1 好きな作家さんは?
A1 伊坂幸太郎 荻原規子 マイクル・クライトン
Q2 最近読んだ本は?
A2 RDG2
Q3 好きなジャンルは?
A3 ファンタジーとミステリー たまにSFやノンフィクション
Q4 一番好きな本は?
A4 優柔不断な私に一番を決めろだなんて無謀ですよ。
Q5 逆に読むのを挫折した本ってある?
A5 挫折したんじゃなくて、いつか読もうと思って積んであるんデス。
Q6 子供のころ好きだった本は?
A6 ナルニア国物語、コロボックル物語(「だれも知らない小さな国」とか)
Q7 短編と長編どっちが好き?
A7 長編。シリーズ物とかハマリ度高し
Q8 今までで読んだ1番長い本は?
A8 「銀河英雄伝説」 再読は2巻までで諦めました。
Q9 これから読んでみたい本は?
A9 今までどおりのジャンルじゃだめ?
Q10 図書館を利用してますか?
A10 かなり。PCからもケータイからも予約できちゃうのが便利、素敵。
Q11 ネット購入派?書店購入派?
A11 書店かな。ネットって発売日に手に入らなかったりするのが許せない。
Q12 ケータイ小説やラノベってどう思う?
A12 ラノベは好きです。ケータイ小説は読んだこと無い。パケ代が恐ろしい。何より読みにくくないですか? ネット小説は読み始めてから長いですが。
Q13 オチだけが納得いかない本ってない?
A13 たくさんある。ハッピーエンド信者って程じゃないけれど。
Q14 装丁が好きな本ってありますか?
A14 ハードカバーの本は装丁に感心すること多し。あまり買いませんが。
Q15 好きな書店はありますか?
A15 大阪市中心部の大型書店。通りがかりに寄れるところで品揃えが良ければどこでも。
Q16 購入時にブックカバーしてもらいますか?
A16 お気に入りの文庫カバーが使用できないサイズのものは。
Q17 本がなくなったらどうする?
A17 ペーパーレスって事なら空間の有効利用ができますね。文字レス世界なら誰かにお話をしてもらう。自分で創作は無理。
2009. 07. 20  
当ブログは本日で一周年です。
いつも来てくださる、皆様本当にありがとうございます。
通りすがり様もよろしければ、またのお越しを。
これからもよろしくお願いします<(_ _)>

よく記念企画やらイベントを見かけしますが、私は芸無しなので…
需要も無いような気がしますが、バトンくらいやってみよかと思います。でも他の人のように面白い事って書けない(;-;)

始めてしまえば少なくとも一年くらいは継続可能だと思ってましたが、こんなにたくさんの記事を上げることになるとは思いませんでした。一番の驚きです。2日半に1個以上あげている計算になります。
メインであるはずの読書も思ったよりは多かったですね。月平均3冊くらい読めればいいかと思っていたので。このブログ開設のきっかけとなった「読書の夏企画」が終わった後も比較的今年は読書に力を入れていたせいでしょうか。



一年まとめて総括してみると。
読書カテゴリ58件。上下巻やラノベのまとめ読みは1個しか記事に上げてないので月に5冊以上は読んでいたことに。
一番拍手をいただいた記事は「後宮小説」これだけ明らかに拍手が多い。でも理由は不明。
拍手と言えば春ごろ毎日のようにたくさん来てたんですがあれは機械の仕業が多かったみたいですね。同じことを指摘されている方がいて、FC2に問い合わせたと書かれてあって、その直後にパッタリとおかしな拍手はなくなりました。
コメントが多かったのは恩田陸とか伊坂幸太郎。やっぱり読んでる人が多いんですね。

カウンターは、まぁ目安に過ぎないのですが、これも予想外に回っています。
前半の半年位は一日平均3アクセスくらい。今は同7くらい。
これは原因がはっきりしていて「忘念のザムド」の記事が検索で引っかかるからです。たぶんありがたく貴重な常連様は2ケタいかない人数しかいらっしゃらないので(いつもありがとうございます)それ以外は一見様、しかもほとんどザムド関連。アニメの感想はそんなに載せているわけではないのですが、他にも検索で来られる方が多い。
このブログではロボット避けはしていません。始めてからまだ嫌な思いはしたことないし、私の書いた何かが、どこかで誰かの必要を満たすかもしれないので、しばらくは検索に引っかかるがまま。アニメと本とではやはり一作品に対する対象者の数が違うのでしょう。加えて利用する人の特性を考えても、本とブログの関係よりアニメとブログの関係の方が高そうですし。

今後多少ペースが落ちたとしても当分は細々とやっていこうと思いますv
2009. 07. 12  
楽しい話じゃないので、読み飛ばし推奨

人間関係ってさ… というのがここ最近の低調の理由の一つにある。
オフラインでの話。プライベートでも職場でも、いろんな関係が人の周りにはあるのだけど、どうも私はうまく立ち回れない。

このブログ作ってから何作か学園物を読んでいて思うことがある。特に今は「RDG2」を読んだばかりだし。
学校という場所での友人関係のあれこれ、それは大人になった私が今も抱えてる問題とあまり変わりはない。学校という限定的な空間に居る時期にこういったことについて触れられている本を私はほとんど読んでこなかった。読んでいたら何かかわったろうか?と疑問に思う。当時もいろいろ悩んだけど、参考になっていただろうか。そこで上手くやれていたら、現在もなにか変ったろうか?

こういうのって人によって考え方がまるで違う。だから本当は人と比べてもしょうがない。自分が納得できるかどうかだ。
たとえば友人の範囲。どこまでが友人なのか。隠し事のないのが友人? よく会うのが友人? お互いに頼れるのが友人? メル友も友人? 職場やクラスで仲が良いのも全て友人?
どれだけ心許せるかがポイントかなぁ。でもすべてを曝け出す必要はないでしょう。昔友人と隠れオタ同士じゃないかという話になった時に「堂々と隠れようぜ?」と言われたのですが、ものすごくつぼにはまって、私の中では名言になってますw 上手に世渡りするのに必要なことをして何が悪い。
時とともに変わることもあるけれど、こちらが友人と思っていればそれで良いと思える。
だってね、普通「私たち友人よね」なんて言わないし。私が友人と思っていても相手はそう思っていない可能性だってある。これは周りで実例を見てきた。
全てを言ってくれない友人がいたとしてそれは不義理だろうか? そうは思えない。個人の心の奥底まで立ち入る権利など何者にもないはずだ。言いたくないことは言わなくてもいいと思う。

人づきあいを苦手とするのは幼稚園時代からという筋金入りなんですが、それでも「他人に興味無いだろう」と指摘されるとドキリとする。まるきり当たりでもないが否定もしがたい。人の悪口を聞いても無視できるほどの強さを私は持たない。だからそんな話題や、そういうのが好きな人を避ける。関わりたくないと思う。つまり興味ない。うん、そうか、他人全般に興味がないのじゃなくて、その時周囲に居た好きじゃないタイプの人々に興味がないのだ。まぁ経験則から言って、他人に興味深々、好奇心旺盛といかないのも事実だ。マイナス面での学習効果の表れだ。防御のために距離を取る。そうしてできた社会性の欠如を言われると、ある種の恐れを持つのは当然か。警告とも取れるものね。なおせないけどさ。

人間関係を築いていくのは自分自身。でもそれって運も関係していると思う。
よくいう「自己責任」の部分もあるけれど、出会いという点では運が左右する部分もあると思う。こういうのは責任逃れかなぁ。でも義務教育時代の担任の巡り合わせとかは何が支配するの?私は教師運がなくて親に呆れられたほどなんですが、あれも?
先日マンガを立ち読みしていて、主人公が良い人々に出会うのを見て羨ましいなぁと思った。思った直後に自分の馬鹿さ加減にガックリきた。アホすぎる… 比較にならんっちゅーねん。悲惨な体験との対比を、良い話にするための作りを、何だと思ってるんだ。


茨木のり子はいう「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」
思い出して改めて読んでみると、あまりにも、全てが良く分かりすぎるほどわかる。なんだこれ。こんな詩だったのか。この詩を初めて読んだのは高校の国語の教科書だったと思う(うろ覚え)でもそれは置いといて、数年前に読んだ時と今とで受ける衝撃度が段違いだった。
……そうですね、その通りです。
詩に書かれていることと恥ずかしいほど同じようなことを最近グダグダと考えていて、それは上記の文章にも一部現れてる。でも時間がたてば私もだいぶ復活してきました。時の力を自力と呼ぶかは知らないですが。ただ、時代のせいとは言わないけど運のせいはやっぱりあると思う、譲りたくない。っても、まぁ、どうでもよい事ですね、自分以外のせいにしている点は同じなのだから。
昨日今日と読んでいた「RDG2」にも泉水子がこう思うシーンがある。「他人に何かを期待しなくても、ひとりで気を取りなおすことくらいできる。すべて、わたしが自分でどうにかすることだった」これもこの詩のとおりだ。
そうはいっても、周りの影響を受けずに自分を貫くなんてのは相当難しい事だと思う。心掛けはするけどね。自分も周りも儘ならないものさ。

2009. 07. 12  
めっちゃ待ってた「RDG」続編。
何がすごいってトーンダウンすることが全くなく、最初から最後まですっかり引き込まれて、読むのを止められなかった。何この引力。
1巻の謎はほとんどそのまま継続中。やっぱりこれは大長編になるな。話の広がり方に少し不安を覚えるけれど、でもやっぱりこういうの大好きだ。
ものすごーく気になる部分で終わってて、話の途中じゃないか!とつっこみたい。
続き~、続きはいつですか、荻原センセ???

RDG2  レッドデータガール  はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2009/05/29)
荻原 規子

商品詳細を見る


紀伊山地の清浄なる「お山」を出て、東京の西部・高尾山の麓にある鳳城学園高等部に入学した泉水子。不安だらけの彼女の新生活。先に転入済みだった深行とは相変わらずの関係でも、同室となった宗田真響(まゆら)や彼女の同年の弟・真夏らとは親しくなっていく。だが、大人たちの思惑から察せられた通り、すぐにこの学園の特異な一面が姿を現し始める。
一~三章の「真響」「一条」「真夏」がひとつの事件、四章の「穂高」からが新エピソードといったところか。


1巻の時にも思ったけれど、ネタバレ無しに感想を語れない…
よってネタバレありで、思う存分↓
……我ながら長いな。










2009. 07. 09  
カテゴリ別にみて、1か月近くメモというか雑文分類の記事を上げていません。
ちょっとびっくりしました。メインの筈の読書感想に大きく差をつけて、一番数の多いカテゴリなのに。

よくよく考えてみたら結構長い事、精神的に低空飛行している気がする。これが原因と思われ。
現実ってなんでこんなに鬱陶しいのだろう。もう全てを放棄したい気分。
気分転換を図りたいのに、邪魔する理由の方が多くてそれすらも上手くいかない。どうも思考がネガティブスパイラルに陥ってるようです。抜け出せん…

だが、まぁ本を手に取れるようになったってことは回復傾向か。
待ってた本も順番が来たみたいだし。
きっと底打ちはしたのでしょう。やれやれ…
2009. 07. 09  
一週間以上、コミック以外の本を手に取らない状況だった為に、薄い短編集に魅かれた模様。
表紙や挿絵の雰囲気も好み。

さみしさの周波数 (角川スニーカー文庫)さみしさの周波数 (角川スニーカー文庫)
(2002/12)
乙一

商品詳細を見る

なんでこんなに書影が暗いんだ? もっとパッと明るくきれいな色なのに。

「未来予報」「手を握る泥棒の物語」「フィルムの中の少女」「失はれた物語」の4編。

ホラー系が苦手なので、無い物を選んだつもりだったのに「フィルムの中」が怖かった。電車の中で読んでいて、だんだん怖さが増していくその頂点で降車駅に到着。我に返ってちょっと目がウルっときた。最後まで読めばドロドロして暗くて怖い話とはちょっと違うのだけれど。
「未来予報」と「手を握る」が好き。閉塞感とか孤独感とかが、今ちょうどシンクロする気分。
「失はれた」は暗い。ラストが暗すぎる。語り手が一人称である事に光明を期待していただけに、これが最後の話であったから余計に、終わり方が不満。うっそ~ん、それで終わっちゃうの?って。
話の構成はどれも好きだな。
乙一は好きな話とそうじゃないのと、差があるように思う。その中でも共通しているものはあって、そういうのはたまにすごく欲しくなる成分。それがタイトルであり、4編の共通項じゃないかと。

2009. 07. 06  
初めて見たのは半年以上前だと思います。
ちょっとずつ見てたら途中で忘れたり、リンク切れだったりで見終わるまでにだいぶかかりました。


2071年、土星域まで広がった人類は惑星や衛星に入植。治安改善のために賞金首制度=カウボーイ法が制定されている。オンボロ宇宙船のビバップ号で賞金首を追う、スパイクとジェット。女賞金稼ぎのフェイや天才ハッカーの少女・エド、コーギー(天才犬)のアインも加わり、太陽系を飛び回る。


すごく評価が高いのは知ってました。私の直接のきっかけは菅野よう子だけれど。
テンポよく、動きも良い。台詞や彼らの行動がいちいち格好いい。音楽も合ってる。
派手さもあれば、じんとくるところもあるし、メリハリ効いてて見ていて楽しい。

えぇっと。でもなんか私にはピンと来るものがなかったのデス。
密林のリンクを張ろうかと思ったけれど、あまりの絶賛ぶりに恐れをなした…
良い作品だと思うけれど、私の中では群を抜くってことは無い。
一話完結ってのもあって、続きを観たいと思わせるものに欠ける。だから観終わるまでにこんだけかかったし。全体を通して繋がるストーリーみたいなのがあれば違ったかな。各人の過去という点ではそういうのもあったのだけど、それは過去であって、気にはなるけど無くてもOKみたいな。格好いいのだけど、それが普遍的すぎて目新しさに欠けるというか。
面白いのだけど、期待が大きすぎたのか。

前からちょっと思ってたのだけれど、どうも私はジャズとかブルースがそんなに好きじゃないみたいだ。そのせいか、私はこれまで菅野よう子の曲を聴いてガツンとやられた感じがする曲がたくさんあったのだけれど、このお話の曲はどれもそこまで強烈なインパクトがなかった。アニメを見ていて、あっこの曲いいな、またこれだけでも聞きたいな、ってのが無かった。どれも良いとは思うけどあんまり響いてこない。攻殻機動隊のサントラは未だに好きでよく聞くのに、うーん。好みの問題か。

これハリウッドで実写化の話が出てるらしいですね。主演はキアヌ・リーブス?
……合わなくね? 東洋系に主演させる必要があるの? 人種は違っててもいいように思うな。なんにしろキアヌじゃお上品すぎるよ。ワイルドな鋭さが足りないよ。もっと荒削りな感じが合うと思う。かといって濃過ぎても嫌だけどw
なんかあんまり見たくないな。実現しても別物に変わってて大コケしそうだ。
2009. 07. 04  
もう新刊が出てる…早いなぁ。
前巻が一話少なくて残念だった分、今回はとても満足。

夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)
(2009/07/03)
緑川 ゆき

商品詳細を見る


前回の的場一門からは離れ、夏目の学生生活が前面に出てきている巻。
夏目の能力を知っている田沼と多軌、知らないけれどよくつるんでいる北本と西村(この二人は今回初めて名前を意識した…)夏目が初めて得た友人たちとの関係がすごく良い。夏目は能力ゆえの特殊さがあるけれど、人間関係の微妙さは常にどこにでもある。その良い面を彼がちょっとずつ手に入れていく過程は見ていて心温まる。周りの友人がいい奴すぎて、見てるだけでいろいろとこっぱずかしいけれどw
それと藤原家に来る前の過去話。藤原夫妻と最後のモフモフなニャンコ先生(斑)に癒されるw この話では夏目の髪が現在より長め。作者がどういう意図でそうしたかはわからないけれど、なんか放っておかれてる子供ってのがさりげなく押し出されてる感じがした。

相変わらず心にグッとくるお話ばかりで期待を裏切らない。すごく好き。
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。