--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 10. 25  
初・東野圭吾。この人の作品ドラマ化とかで興味はあったんですがね。「白夜行」とかの文庫を見て引いた… なんなのあの厚み! 私は長編とかシリーズもん好きなくせに、分厚い文庫には恐れをなします。だから京極夏彦も未読。我ながら矛盾してる。かといって「ガリレオ」もドラマちらっと見た感じからは、あまり興味も覚えず。
この本は同僚から半強制的に貸し出されました(^^;) 広告を見た覚えがあって、テーマに興味は覚えたものの、事件のきっかけがエグそうなので手にしなかったのに、「大丈夫だから」と…

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る


妻を亡くした後、高1の娘と二人で暮らす、普通のサラリーマン・長峰。だが花火大会の夜、娘は帰宅せず数日後、川の岸辺に打ち上げられた。悲嘆にくれる長峰の元に、犯人を密告する電話が入る。警察の対応に不満を抱いていた長峰は自分の目で確かめようと動き始める。凌辱され、殺された娘の復讐は果たせるのか。

心配していた点については、確かに大丈夫でした。娘視点は一切ないし、何が起こったのかの描写もこれくらいなら平気。
少年法に守られた犯人と、被害者と家族の無念さ。長峰の警察への手紙に心を打たれる。その中で「一度生じた「悪」は永遠に消えないのです」というのが、とても印象に残った。殺されたものは還ってきはしない。長峰が法に任せず、復讐を果たすなら自分の手でというのはよくわかる。この本の中でも長峰の行動にたいする世間の反応が出てくるが、一番多く半数を占めるのが、気持ちはわかるが殺人はいかん、というもの。実際にはどうなるんだろうな。私はやればいいと思う。
私刑はいかんというね。法治国家だからと。でも、何で人を殺して、たった数年で塀の外へ出てこられるの? 収監、更生、社会復帰にいろんな問題があるのは知ってる。でも何の罪もなく殺された側にこれで納得しろなんて無理だよ。ついでに私は死刑廃止にも反対だ。話せば分かるとか、性善説など信じない。死刑についてはえん罪問題とかいろいろあるけど。だからって廃止せんでいい。
犯人親子の関係もな、酷いのばかりだったな。ウチはニュースとか見てて「あんたがこんな事したら、あんたを殺して私も死ぬ」って教育でした(^^;) そういいつつも甘い親なので、どこまで本気かわかりませんが。この話の親も皆悪い方に甘いな。親業は難しそうだよなぁ。あぁはなりたくないけど。

この本は一日で読了。
どうなるんだろうと、止められなくて。結末は、こんなもんかと思う。妥当っていうか。
何が解決されたわけでもなく、今ある問題がそのまま提示されて終わってる。目新しさはないけれど、ひっぱり込まれるのは文章力のなせる業か。
相変わらずこの作者に興味はあるけど、内容がドロドロしてるのは好きじゃないのよね。ということで読了後もあまり変化なしでした。
スポンサーサイト
2008. 10. 23  
伊坂作品の中では比較的新しい部類になるのか。「ゴールデンスランバー」は予約してから6か月経ったのにまだ95人待ち… 回転遅いよ! この本はすぐに順番来たのにな。
ところどころグイグイ引き込まれて、終盤は一息に。また夜更かししちゃったじゃないか!<悪いのは自分orz

砂漠砂漠
(2005/12/10)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


盛岡から来て仙台の国立大学法学部に入学した北村。大学での合コン、麻雀、アホな遊び、事件。鳥井、西嶋、東堂、南という個性的な友人や彼女との比較的フツーでたまに事件アリな学生生活のお話。

北村の友人たちが際立ってる。この仲間たちってきっと周囲からもちょっと特別な感じで見えてたんじゃないかな。「本当はおまえたちみたいなのと、仲間でいたかったんだよな」ってのが最後の方にクラスメートの言葉で出てくる。なんかとても印象的。分かる気がして、せつない。
北村のちょっと変わった仲間たちの中でも群を抜く男・西嶋。西嶋の友人としてやっていける度量のある人間が北村たちだったんじゃないかと思う。西嶋に影響を与えた人物が、この本には名前出てこないけど、他の伊坂作品の登場人物であることがわかる。良く、わかる。自分で書いた感想読み返して、さらに納得した(笑) 西嶋は主張する「その気になればね、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ」と。
全体の流れにちょっとした仕掛けがあるのだけれど、判明したあとにパラパラと読み返すとこれまた納得。一読した時にちょっと引っ掛かりを覚えてて、でもスルーしてた所が綺麗に収まる。そうかな?とか思ってたのが、なるほど!に変わるのはちょっと快感。

2008. 10. 21  
自分でよーっく分かってる事を人に指摘されるのはムカつきますね…

言われんでも、わかっとるっちゅーねん!!!!!
ほっといてんか。相談してるわけでも、愚痴ってるわけでもないのに、なんで話がそっちに行くのさ? そんな話をしてるんじゃない。
余計な御世話じゃー (ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。;・'
心配だけなんてしていらん。そんなことなら黙っとく方がよっぽど私の機嫌はいいよ。

せっかく苦労して宥めていた欝憤が収めきれなくてね、や、どうもすみません。
ここから叫んでも届かないけど。
吐き出さないと悪化するように思う。自浄不能レベルです。自分で思ってた以上の地雷だったようです。

あとね、自分で言うのは良いけど、他人には言われたくない事もありますよね。
失礼だな! 何様だよ?
2008. 10. 19  
前回の記事で言ってたハマりアニメ。
Gyaoでハガレン見てたらCM出てたので知りました。ハガレンと同じ制作ボンズ。エウレカセブンも良かったし、ボンズは期待してもいいかな、とCMクリック「亡念のザムド」
煽り文句。「それでも人は己に言い続けなければならない、考えろと――」なんかこの時点でやられた気がする。「魔王」の感想エントリにも書いたけど、高校生の時には私もそう思ってたよな、と。
キャラデザも好みだな。近年思っているんですが、私は黒髪短髪萌えかもしれない… この話の主人公もだよ…
で、先日無料動画サイトにてタイトル発見。今に至る。

政情不安定な先端島で暮らす高校生アキユキ。通学バスが爆破され、その時飛び散った物に当たった事が原因でザムドと呼ばれる化物となり暴走してしまう。その彼を止めたのは異国の少女ナキアミ。生きたいのならついてこいと言うナキアミにつれられ、アキユキは彼女の乗っていた偽装国際郵便船に共に乗り込むこととなる。ザムドの力を制御し、いつか島に帰るために。

初見で「ナウシカ」「もののけ姫」「エウレカセブン」「エヴァンゲリオン」とか思い出した。誰でもこの共通点は見つけると思う。こんなに似てて良いのか? でも、絵も動きも良くてクオリティ高し。
おもしろー、とは思うのだけどどこが魅力かと言うと、いまいち掴みどころが無いのですが(えっ) 世界観とか用語とかあんまり説明がないのでちょっとわかりにくい。でも謎があるのは気になるので見続けてしまう。それとアクションも好きなんだけど、それだけじゃなくて人間ドラマの部分に惹きつけられるかな。アキユキと船の面々やもう一人のザムド、ナキアミと船長と過去、アキユキの別居中の両親、親友(恋人?)のハル、ハルを好きなフルイチ、アキユキの父の過去と垣巣etc.
戦争、紛争、宗教、哲学の類に関する部分は興味は魅かれるけど、まだお話の中での繋がりがもうひとつ見えてこないんだよなぁ。ナキアミの出自とか、船の目的とかもまだわからないし。
アキユキは皆に言われる「考えろ」と。そうし続ける事がザムドとして生き残る道だから。「考え続けること」を私はほとんどしてないと思ってたけど、これ見てたらそうでもないか、と思い直した。社会問題とかね、そういうのを自分で考えるには時間と材料がいる。だけど、自分自身のことについては、逃れられないだけに考える事をやめることもないんだよね。自分がどうしたいのか、は意外に難しい。十二国記の「華胥の幽夢」を思い出す。好きな事だけじゃ生きていけるわけでもないし。それで良いとも言えない。答えが出せるかどうかはわからないけれど、自ずと考えざるを得ない。いろいろ嫌になる時も多いけど。
アキユキはどうするのか? 現時点では探し中だけど。それにしても適応力の高い子だな。何かと器用なのは良しとして、もっと拒絶反応とか、疑問とか無いのか? あんたが訊かないから、視聴者もわからんことだらけだよ…

唯一、確実に私がメロメロになってるのが、アキユキと同じ日に拾われてきたネコマタという生物のロッパ。何、このかわいらしすぎる生き物! 耳の垂れたウサギをポヨーンと太らせたような奴なのですが、よく伸びて、賢くて、愛らしい。私は犬も猫もそんなに興味無い人間ですが、ロッパLove~ こんなんいたら絶対に飼う。たまに登場すると大喜びです。<なにか間違ってる 
女船長のイシュウも声が好きだなぁと思ってたら、「千と千尋」でりんをやってた人らしいです。おぉ、確かに同じ声だ。声優さんは、芸達者過ぎて、同じ人だと言われてもわからない時あります(^^;)
全26話の半分まで行ったところで、1か月間が開くみたいですが、ものすごーく気になるところで終わってる… 事件によって変わりゆく人々の関係。私は望んでも元通りには戻れないと思うけど…気になる~。

有料版権物を、質ガタ落ちとはいえ無料で見ている身としては、公式サイトに直リンクを張るのは到底無理。なのでYouTubeでOPだけ探してきました。EDも好きですが、このOPは相当良い。

そうそう、版権物の無料動画の視聴について意見のある方もいらっしゃるかと思いますが、当ブログで論じる気はありません。あしからず。



2008. 10. 17  
今ちょっと語りたいことがあるんですが、始めると長く広くなりそうで、眠くて回らない頭では本編は次回に書くってことで。
風呂につかりながらいろいろ考えていたのに、眠くてどんどん忘れてくorz

ここ数日そそくさと帰宅し、せっせとアニメを見てました。
これ、かなり面白いわー。<どれ? つ、次の記事で。

無料動画サイトで見てるので画質が相当落ちてるけど… 
PS3で有料配信してますが、私は今まで自分のゲーム機を所持したことありません。だって、きっと、ハマリすぎて社会人として生きていけなくなる。同じ憂慮を「廃人になっちゃう」からと言ってた方がいましたが、まさにその通り。

せっかく世の中には無料動画サイトがあるのだから使わない手はありません。タダな上にお手軽に見えて大好きですw
えぇ、アニメは版権物ですから違法なのでしょうね。YouTubeとかあり得ないだろうな。
私はここ1年ほどveohを専用ソフト(veohTV)まで入れて愛用してました。内容と回線の充実ぶりが圧倒的だと思ってたから。私のPCだとveohTVはいくつか利点があったし。
しかし、ここにきて疑問が。なんかveohも版権物削除されてる? 今見てる新作ので、アップロードされてちょっと時間のたった物がどんどん無くなってる。日を追うごとに減ってないか? 気のせい? 見たいものがちっとも見つからないよ。
で、ひさしぶりにパンドラTV見たら良くなってる! veoh以上に数があるし、画像良いのもあるし、回線も早くなってる。前は回線のトロさに我慢できなかったんですが。これからはパンドラに乗り換えるか…

なんか、もう、他に書きたかったことを思い出せないのでやめときます(^^;)
2008. 10. 15  
今月入ってから仕事が忙しくて、すっかり新刊チェックを忘れていました。
どこかのブログで見て、慌てて買いに走る。

百鬼夜行抄 17 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)百鬼夜行抄 17 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
(2008/10/07)
今 市子

商品詳細を見る


マンガは本よりも場所を取るので、なるべく買いません。根性で立ち読み(笑)
でも、これは半年に一冊とかだし。っていうか、今買ってるマンガってそんなんばかり。

この作者さん、ストーリーの作り方が凄いんですよ。一話完結、オムニバスって言うんですかね? ほぼ毎回「そうくるかぁ~」という展開を見せる。このシリーズ以外はそんなに読んでないんですが、それでも特徴は出てると思う。
絵も奇麗。正直、数年前の絵柄の方が好きですけど(^^;) でもカラーはやっぱり美しいな。

それにしても見合い話とか多いなぁ。毎回1話は入ってるんじゃないかしら。八代さん再登場がちょっと嬉しかったけど、晶ちゃんどうなんのかな。
開さんから、とばっちりをくいがちだった律が成長してて笑える。隙が無くなったというかw
ヒト型本体の青嵐って久しぶりに見たな。というか、青嵐って契約がなくなったらこの世に留まれないの? そんな設定今まであったっけ?
お祖父ちゃんとお祖母ちゃんの過去話シリーズも好きですが、これは次回が楽しみ。ごっつ勘違いされたお祖父ちゃん、次はどうなる?
律のゼミの佐久間先生も今回初登場。点数あんなに辛いのに、律のレポート楽しみにしてたのか。意外。
今回は若干、話が回りくどかった気がするな。そこまで捻んなくてもおもしろいのに。
2008. 10. 12  
ベタ甘路線の有川作品。「別冊Ⅰ」はシリーズ最強の甘さで、のたうちまわりましたが(笑)
今回のは甘さもあるものの苦さが多め。本編でちょっと触れられた副隊長・緒方の過去と、堂上・小牧の過去、そして柴崎と手塚の行方。

別冊図書館戦争 2 (2)別冊図書館戦争 2 (2)
(2008/08)
有川 浩

商品詳細を見る


緒方の話、大学時代の恋愛とその後の就職、別れと転機。予想はついてたけど、こういう過去だったのね。終わり方が好き。
堂上と小牧ってこんな感じで始まったのかとちょっと意外。私はそういうのないなぁと思って。でもこの二人の性格の違いを考えると、時間は必要だったんだろうと思います。

柴崎の巻き込まれる事件がシャレになりません。この手の話は本当に聞いてて気分が悪くなる。わざわざこのシリーズで読みたくはなかったなぁ。まぁ、展開が気になるのであっという間に読み終わりはしましたが。
あとがきで作者が、下読みした旦那に話の終わり方を指摘されて直したとあったけど、ビバ有川旦那氏。同感だ。柴崎が素直になれたのは本人にも周りにも良かったけど、その過程がハードだよ…
柴崎が堂上と郁に憧れてたというけど、わかるなぁ。
最後、みんなきれいにおさまって、めでたし×2。
でも、もっと糖分プリーズ(笑)
2008. 10. 12  
クライトンはもう10年くらい前から読んでます。既に内容覚えてないのとかもあるけど、ハヤカワの文庫は全部読んでいると思う。
現実と虚構の境目がわからないあたりに魅かれるのか。物語が転がり始めると読むのをやめられなくなる。

恐怖の存在 下 (3) (ハヤカワ文庫 NV ク 10-26)恐怖の存在 下 (3) (ハヤカワ文庫 NV ク 10-26)
(2007/08)
マイクル・クライトン

商品詳細を見る


今回のメインテーマは地球温暖化。もはやそれは常識のようになってるけど、そこに疑問を投げかける。
科学的な問題について、私は詳しくもなんともないので、「へ~ぇ」という感じで読みました。初耳ではないのもあったし。正誤の判断は到底つかないのですが、人類は気象の事をほとんどわかっちゃいないんだよ、と言われるとそうなんだろうとは思います。
前に「人類の足跡10万年全史」というのを読んだのですが、それ読んだ時に思ったのは長期的に見て人類にとって問題なのは温暖化より氷期だなってこと。人間も他の生物も環境によって増えたり減ったり。環境の変化は常にあって、容赦などあるはずもない。現在の環境がいつまで続くのかなど誰にもわからないが、そのうち変わってしまうのは必定だ。
環境のコントロールって不可能じゃないかと思う。あまりに大き過ぎる問題で。何がどのくらい問題かとか、さっぱりわからないし、何もしなくてもどうにかなるとも思いたくはないけど、この世にはできることとできないこととあるよね。いわゆるエコってのを私もなるべく実行してるけど、効果の程は疑問だし。
最近の天気はおかしいって皆が言うし、私も思う。でも長期的に見ておかしいのかどうかなんて分かりはしない。自分が生きてる間くらいは続くと思いたいけど、急変があったとしてもそれはまさに天災であって、このお話の中のように多少気象をコントロールできたって太刀打ちできやしない。
温暖化問題とY2K問題を並べてる所があってちょっと納得。そういやそんな問題あったなぁと。

今回の話は物語性が少ないというか、エンターテイメント性が低いというか。ちょっと残念。つっこみどころも結構あったし。
前から思ってたんですが、クライトンってムカつく人の人物描写がうまい(笑) そういう風に描かれてる人物に本気で腹が立つ。たとえば、パニクってみんなを危険にさらしちゃう人とか。人の話聞かない奴とか。他の本読んでてもそこまで思わないので、これは作者の上手さだと思う。
それにしてもなーんか消化不良。楽しさとかワクワク感が全然足りてない。興味深くはあるけど。

2008. 10. 10  
ウチでは今日から新米になりましたw
おいしー! やっぱり特別だよなぁ。
夕食の時はご飯は食べたり食べなかったりなんですが、新米はこれだけでおいしい。
夜の炭水化物はあまり取りなくないのだけど、まぁいっか<自分に大変甘い


なんだか今日は朝起きた時から頭痛はするしお腹にきてしまって、寝冷えかと思ってました。
が、午後からは喉も痛い。……風邪じゃんorz 
今週、異常にしんどかったのは風邪ひきかけだったからか?と納得はしちゃいましたが。

仕事中に「なんか風邪っぽい」と斜め向かいに座る同僚にボヤいたら、「えっ!」とすごい驚かれました。
彼女のトコは今週始めから家族みんな風邪っぴきだったらしいです。
またうつされた?
謝られましたが、今の座席になってから半年経ってないのに2度目です(T T)
私の抵抗力にも問題があるのか。
というかね、連休とかになると風邪ひくんですよ。平日はひどくならない。どうせなら仕事休みたいから平日にひどくなればいいのに<ダメ社会人
とりあえず、嫌いだけど薬のんどきました。寝てられん(笑)
2008. 10. 06  
雨上がりの月曜の朝に玄関の扉を開けると、金木犀の香り。
あぁ、秋なんだなぁと思います。
土日にほとんど外出してなかったのでいつからなのかは、はっきりしませんが、他の場所でもところどころ匂いが。つい、見まわして木を探してしまいます。

匂いで季節を感じる植物は他にもいくつかありますが、一番好きなのは沈丁花です。
梅は、まだまだ寒~い時から咲きますが、沈丁花が咲くと暖かくなるので、春がきたのがよくわかります。「春一番」は風のことだけど、私の実感としては沈丁花の香り。

2008. 10. 05  
以前に住んでいた、倒れそうな一戸建ての家にも、現在の築30年?の家にもヤモリがいます。
私にとって一番なじみ深い爬虫類ですね。現在はどの爬虫類もそんなに苦手意識は無いですが、ヤモリはなんか特別に愛着があります。地味で頭がでかくて、トカゲほど素早くない動きがユーモラスでかわいいのですよ。
今の家では玄関の硝子窓に張り付いて門灯に来る虫を狙っているのを、よく家の内側(ヤモリの腹側)から見ます。足指の吸盤みたいのがよく見えるんですよ。かわいいな。

今までは大抵玄関か、あまり使ってない部屋の雨戸とかにいたのに。
最近、部屋の中にいるんですよ。しかもちっちゃい奴が。居間に。さっき突然「ポトッ」という怪しげな音に振り向いたら奴がいたのです。一瞬あのGかと思ってかなりビビったのですが。

小っさい! えらくかわいいのですが、場所が居間なので、運悪く踏みつぶされたりしないか心配です… 写真は一昨日携カメで撮ったもので、2日ぶりに生きてるのを見て安心するやら、まだ居たのか? と驚くやら。
写りが悪いですが全長5センチ位しかないんですよ、大人は10センチ以上あって見慣れてるんですがコレは小さいなぁ。
ヤモリ→家守り、で縁起ものだと言うし、温かく見守ってるつもりですが、居間はちょっとどうかと思います。危ないよ。

ヤモリ
2008. 10. 03  
期間は9月いっぱいでした。
予想したよりはリスト消化してます。残った物もそのうち読んでアップしていきたいと思います。
本の感想はこれからも続けていくので(^^) 
「夏読書」カテゴリの感想は年が明けるまではこのままで。来年、他の読書記録といっしょにします。

この企画きっかけでブログ始めました。
そのおかげで知り合えた方もいらっしゃるし、読んでみたい本も続々と増えました。立案者の永野さん、楽しい企画をありがとうございました(*^^*) 他の参加者の方の感想もまだ全部は見ていないので楽しみですw

さて、『読書の夏』企画は終了後に、おすすめの一冊をあげる事になってます。
この時の為にリストの既読本には★つけておいたのですが… 迷うなぁ。
追加したものに三ツ星★★★が多いですね。「かもめのジョナサン」「光の帝国 常野物語」「ハリポタ」うん。面白かった、どれも。
…いかん、またそれぞれについて語り始めそうになってた(笑)

気を取り直して… そうだな、やはりオススメにはリスト筆頭だった「死神の精度」を。>私の感想はコチラ

もともとリストに挙げていたものですし、伊坂幸太郎はこの企画も含めて何冊か読んできたので。
完成度の高い本だと思います。自分の書いた記事からその良さがあんまり伝わってこないのが奇妙ですね(^^;) でも「おすすめ」にはぴったりかと思う。伊坂幸太郎を読んでみようかという人には薦めたい。
「陽気なギャングが地球を回す」と「アヒルと鴨のコインロッカー」も今のところ私のお気に入りです。そういえば本屋大賞取った「ゴールデンスランバー 」は図書館の待ち順がまだ100番超えてます… いつ読めるんだ?

恩田陸の「光の帝国」とか、この企画を通じて紹介していただいて、とても面白くて嬉しかった。
未読ですが、手元の恩田作品は増えてます(笑) これからが楽しみです。いろんなタイプの話を書いている方みたいですね、企画参加者にも読んでる方は多いし。

リスト未消化の本について。
「恐怖の存在」は今月中にはUPします。「別冊図書館戦争Ⅱ」もたぶん今月中。
J・P・ホーガンの2冊は「星を継ぐもの」の続巻です。
1冊目の「星を継ぐもの」がとっても面白かったんですよね~。タイトルも素敵。いろんな所に引用されてます。古いSFは、書かれた当時の未来に現在が近づいている分、発売当時には無かったであろう楽しみ方もできる。未だに実現しそうもない事、既に可能になっている事、今では在り得なくなっている事、と比較できる。この本はSFだけど謎解きというかミステリー要素も強い。読み返す時間がないので記事にしてないのですが、★★★以上のおもしろさ。謎解き部分が大胆で壮大です。あかん、また読みたくなってきた(笑) 

星を継ぐもの (創元SF文庫)星を継ぐもの (創元SF文庫)
(1980/05)
ジェイムズ・P・ホーガン池 央耿

商品詳細を見る


カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。