--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 07. 30  
償い (幻冬舎文庫)償い (幻冬舎文庫)
(2003/06)
矢口 敦子

商品詳細を見る


書評で見てブックオフで購入。最近見た本屋では広く平積みしてありました。人気なのかしら?
帯に「感動の長編ミステリ」なんて書いてあるので、経験則から敢えて感動は求めずに読みました。

脳外科医の日高は幼い息子を亡くし、妻に自殺され、絶望してホームレスになり彷徨う。流れ着いた街で出会う中学生・真人はかつて日高が命を救った子供だった。街で起こる殺人事件。刑事の頼みで探りをいれはじめた日高はやがて真人が連続殺人犯ではないかと疑うようになる。

何か全体的に中途半端な所が多い。
日高の絶望はわからないではない。逃避も一つの自己防衛手段だし、時間が必要な事はある。でも日高の元恋人・美和子の言葉はいちいちもっともだ。こちらの気持ちを代弁してくれているようだ。日高は妥当性を認めながらも自分の殻に閉じこもってしまうけれど。
人の肉体を殺せば罰せられるが、人の心を殺しても罰せられない。怖い事だ。一言でも致命傷になりうる。今元気に生きてる私にとっては被害よりも加害が心配だ。致命傷を負わせなくても、自分の言葉を悔やむことは多々あるし、もっと深刻なのはこちらが気付かない場合だ。
良かれと思ってやった事が、悲惨な結末を迎えたからといって、日高は自分を責めすぎだ。その時に最良と思える事をやったのなら、結果は仕方がないではないか。私たちは未来を知ることなどできないのだから。自分自身では見えなくなってしまっていた、そういったことが真人を前にしてようやくわかったのだろうか。
真人と事件の関連性も納得できない。短く片付けられたけど、ウサギ惨殺事件の真相が一番背筋が冷えた。
タイトルになってる償いは、この話ではさほど重要に思えなかった。意外性がないというか、私でも考え付くところに落ち着いてしまったし。
私の好みが謎解きにあるのも一因かもしれないけど、ちょっと不満の残る内容。

スポンサーサイト
2008. 07. 28  
最近、よく利用してます。
ハードカバーはお財布に痛く、空間を圧迫する(既に本棚から溢れてます(/_;))のでなるべく買わない方向で。通勤中に読みにくいですし。
新刊は早く予約すれば、数日~ひと月くらいで回ってきます。
通常の本は地元と、職場の方と、2館の予約の入り具合を見比べながら予約するのですが。

今回目を疑う事態が発生orz
予約人数を所蔵冊数で割って待ち時間を計算するのですが、断然早いと踏んだ地元の本がちっとも回転していません!
さっき調べたら、職場の方の図書館にしとけば今頃全部読めてたはず… 続きものなので貸出可能状態の物から先に飛ばして読むって訳にもいかないし。二冊目を先に抑えるべきなのか? でも期限がなぁ。あぁ、悔しい~!
今回は企画参加中だから早く読みたかったのに。遠慮せずに両方で予約しとけば良かった。
ここから早期返却の電波でも飛ばしておこう…
2008. 07. 27  
かもめのジョナサン (新潮文庫 ハ 9-1)かもめのジョナサン (新潮文庫 ハ 9-1)
(1977/05)
リチャード・バック五木 寛之

商品詳細を見る


リスト外の本です。はい、さっそく余所見中ですヨ。
学生の時に出会って、大好きだった本です。

薄ーい文庫本、カモメの写真だらけ。文字の部分は少ない。誰でもすぐに読めてしまう。なのに何でこんなに心に残るんだろう。飛ぶことの魅力に取りつかれた一羽のカモメ、ジョナサン・リヴィングストン。飛ぶ事を通して見えてくる、生きることの意味。
ジョナサンの飛行へのストイックさに惹かれるんだろうか。訳者の五木寛之が「星の王子さま」みたいな本だと人づてに聞いたが、これは違うんじゃないかと解説で述べている。私も同意。「星の王子さま」の魅力は残念ながら私にはよくわからない。どちらも寓話的であるのに。ジョナサンの意志の強さに引っ張られるように、この本には静かだけど勢いがある。喜びも。
私がこの本を好きな理由はもっと他にも何かあるような気もするけど言葉にできない。

今日久しぶりに読み返してみて、以前は感じなかったと思う痛みを感じた。
ジョナサン達が眩しくて。痛いと思うのは惰性で日々を送ってるせいかな。前には感じなかったこの気持ちに気付いたのがちょっとショック(><) でも、やっぱりこの本は好き。

2008. 07. 26  
チルドレン (講談社文庫 (い111-1))チルドレン (講談社文庫 (い111-1))
(2007/05/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


我が道を行き、減らず口をたたき、周囲を自分のペースに引っ張り込む、傍迷惑だけど憎めない男・陣内。彼が全編に登場する連作短編集。
最初、友人・鴨井の視点で語られる大学生の陣内は、私にはちょっとばかり鬱陶しかった。「陽気なギャング」の響野の様によく回る口だが、やたらと人に突っかかるので。
でもそんな彼が就いたのは家裁調査官。家裁で少年少女の話を聞く仕事。陣内の後輩・武藤によると、担当した子供たちに慕われてるとか。誰にも真似できない型破りぶりは健在。いや、磨きがかかっているかもしれない。面倒だ、適当に、と口にする、陣内の家裁調査官としての仕事が窺えるのが「チルドレンⅡ」 これはお話としても面白い。そして見事なまとめ方。陣内は飲み屋で絡まれた時に「俺たちは奇跡をやってみせる」と豪語するが、確かにそう言えなくもない。こうもうまくいけば。この話の陣内はかっこいい。

でも正直、こういう奴が直接の友達だったらしんどいだろうな。近くで見てる分にはいいんだが、関わるとろくな事がなさそうだ。適度な距離をもっていられたら、こんなに面白い奴はそうそういないだろうけど。
口から先に生まれてきたような、という表現がぴったりで、喋ることに苦労したりしない。自分とまったく違うので不思議で興味深い。

2008. 07. 26  
あまりに暑いので、ウチの夏の定番、わらび餅をおやつに。
ここのところずっと食べたかったのです。

今年はなぜか職場の前を屋台(軽トラ)がしょっちゅう通るので。
「わ~らび~~~餅、アイスクリン♪」と放送しながら。なんか和む(笑)

冷たくて、甘くて、あっさりしていて、超簡単に作れる(手抜きだから)ので好物です。
わらび餅粉に水入れて、火にかけて練って、氷水に落して、きな粉をまぶして出来上がり。おいしー。

でも、このわらび餅、関東では認知度低いみたいですね。<今調べてみた。
先日、関東出身の知人と話をしていたら、全く知らないとのことで。うちの食卓のルーツは完全に西日本なので私は東京でも食べてましたけど。夏休みに祖母が作ってくれる思い出の味。
アイスクリンはもっとローカル色濃いもんみたいですね。どんなものか話には聞いてますが、食べたことないので、今度買ってみようかな。
2008. 07. 24  
人類が消えた世界人類が消えた世界
(2008/05/09)
アラン・ワイズマン

商品詳細を見る


最近読んだ本の中から。
今、人類だけが忽然と姿を消したらどうなるのか? あまり目新しさはなかったです。いつの時代にも動植物は生き残ってきたのだし、これからもそうだろうと。

人類が消えても残る物の話で、核施設や核のゴミの話は他にも聞いたことあったのですが、この本の中の一節「プラスチックは永遠なり」だけは読んでいて、あまり知らなかっただけに怖かった。プラスチックは流通するようになってまだ半世紀かそこら。なのにそれが大量のゴミと化している。現在の自然には決して分解されない。ただ細かくなるだけ。海に浮かぶゴミ海域の面積はアフリカ大陸ほどもあるのだとか。こまかくなった粒子はいずれ食物連鎖に入り込む。その時何が起こってくるのか? 影響に気がついた時にはもう手の打ちようがないんじゃないのか? 既にそんなにゴミ化してるなら。人類はプラスチックによって滅びるでしょう、と言われても否定できない怖さがある。
ちょっとナウシカを思い出しました。
2008. 07. 23  
死神の精度 (文春文庫 (い70-1))死神の精度 (文春文庫 (い70-1))
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


夏読書、1冊目。
伊坂幸太郎は「陽気なギャングが地球を回す」「陽気なギャングの日常と襲撃」「重力ピエロ」が既読。でも今回のが短編集というのもあってか一番読みやすかった。引用とかも他のよりは少ない。これは元ネタを大抵知らない私には読みやすさであるけれど、ちょっと物足りなくもある。
しばらく伊坂さんの本が続きそうなのは、この人の話のまとめ方の上手さにある。いや、もう、本当に毎回終盤に入ると見事に伏線を回収し、尚且つ納得のいく終わり方をする。その鮮やかさったら。

2008. 07. 22  
このブログ作ってみようと思ったきっかけの企画「読書の夏」サマです。
unlimited-A.L. の永野水貴さんが主催されてます。夏休み(そんなに無いけど)といえば読書ですよv

期間は自由設定とのことなので9月30日までにします。
積読本の山が増えてますので、この際に消化するぞ。とかいいつつ余所見しそう…


課題図書リスト↓

「死神の精度」 伊坂幸太郎 ★★★
「チルドレン」 伊坂幸太郎 ★★
「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎 ★★☆
「オーデュポンの祈り」 伊坂幸太郎 ★★
「償い」 矢口敦子 ★
「神様」 川上弘美 ★
「溺レる」 川上弘美 ★
「恐怖の存在 上・下」 マイクル・クライトン
「後宮小説」 酒見賢一 ★★☆
「RDG」 荻原規子 ★★☆
「別冊図書館戦争Ⅱ」 有川浩
「トワイライト 7・8・9」 ステファニー・メイヤー ★★
「ガニメデの優しい巨人」 J・P・ホーガン
「巨人たちの星」 J・P・ホーガン
 
 +++ 追加 +++
「かもめのジョナサン」 リチャード・バック ★★★
「魔王」 伊坂幸太郎 ★☆
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 ★★★
「ハリー・ポッターと死の秘宝」上・下 J・K・ローリング ★★★

他の積読本の山は見なかったことにしよう…… 図書館利用分(5冊)は期間中に回ってくるか微妙。
読書は昔から好きですが、遅読の上に気に入ると二度読み癖が。時間が足りない~!

2008. 07. 21  
記念すべき、当ブログ最初の感想(笑) 最近読み終わった本で面白かったものから。
図書館で予約していたのですが、文庫本発売と聞いて即買い。


空の中 (角川文庫 あ 48-1)空の中 (角川文庫 あ 48-1)
(2008/06/25)
有川 浩

商品詳細を見る


この話の何が良いって、脇役の「宮じい」がすばらしい。二組いる主人公たちの若い方、高校生の少年の後見人?の高知の川漁師の老人なんですが。訥々とした土佐弁の語り口と言い、長年の経験から語られる平易なようで深い言葉の数々といい。そりゃぁ、こんな人にじっくり語りかけられたら聞かずにはいられまい。優しくも厳しい、自然や人とちゃんと向き合ってきた人の言葉という感じがする。
登場人物それぞれも好感持てるけれど、事件の発端である未確認飛行知的生命体のディックとのやり取りも私は好きだな。人とはまったく異なるディックと意思を通じようとしていく段階もおもしろい。
ただ、ひとつ納得いかなかったのが、少年・瞬の間違い。「間違ったほうでどんどん押し進んだら、一周して正解につくかもしれない」 言葉巧みに、弱みに付け込まれたらそれを受けれてしまうものだろうか。賢くて良い子、でも。自責の念やいろんなショックがあったから?なんでそっちに行っちゃうんだ?ってのが納得できなかった。この問題も後で宮じいが気持良く答えを出してくれて、嬉しかったな。


作者の有川さんの本は「図書館戦争シリーズ」がとても面白かったので、現在作家読みを継続中。最初はラノベ風味がちょっと読みづらかったのですが(ラノベも読むんですけどね?)慣れてきました。まだちょっと言葉遣いが気になったりはしますけど、ストーリはどれも面白い。

あぁ、甘いの苦手な人は避けた方が良さそうですが(笑)
私はベタ甘どんと来い!なので。

2008. 07. 21  
ROMってるのと実際にやってみるのとでは、予想はしてましたが全然違うもんですね。
と、いつかここに来られる方(いるのか?)に向けてつぶやいてみたり。
よそ様を回っている時に何気なく使っていた機能とか、表示とかどうやって設定するの~~~?
……がんばって徐々に調べていくしかないですね。そのうちわかるはず。たぶん。その予定。<逃げ腰
サイト運営もしたことありませんし、上記のような有様ですので、お気づきの点があればご指摘くださいませ。_(._.)_


2008. 07. 20  
ある企画に、ふと参加してみたくなった。まだ決めてないけど。
ブログがないと話にならないようなので、さっそくブロガーの仲間入り。
WEB上に何かを残すのって何年もやったことがない。
なのに珍しくも思い立って、1日でブログ開設。簡単にできるんだな。

この先はわからないけど…
珍しくさっさと決断できたのは暑さのせいだと思う。夕方の部屋の温度39℃だよ!脳も蕩けるね!
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。