--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 08. 16  
引っ越す時にこの本を探し回ったけど見つけられず、一年近くたってから、単行本で読んだのであって文庫は未発売だったことを思い出した(><)絶対手元にあると思ってた…… 発売日にゲット。文庫版の表紙も素敵。

獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)獣の奏者 4完結編 (講談社文庫)

獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)
(2012/08/10) 上橋 菜穂子  商品詳細を見る

獣の奏者 4完結編 (講談社文庫)
(2012/08/10) 上橋 菜穂子  商品詳細を見る

書影が暗いな。とても美しいのに。

初めてこの本を読んだ時の感想はコチラを見た方がいいだろう。過去の自分の長文にビックリだ。それだけ受けた感動というか衝撃が大きかったんだなぁ。タイミングの問題もあるけど、本を読んで平常心を失うってあんまりないもの。今回は内容をおおよそ覚えているし、用心しながら読んだので大丈夫w

前と違って、ジェシに目が行ったかな。エリンとイアルの事は外伝で詳しくわかっているし。残された時間が短いことを知っていると、ジェシの成長が胸に迫る。おしゃべりってことは頭の回転も速いってことだ。両親を見て、周囲の状況を見て、感じていく部分が痛い。
前回の感想にも書いたけれど、これはエリンの物語。作者の文庫版あとがきを読んで、やっぱりそうだったんだなぁ、そうでしょう、そうでしょうと納得。そしてエリンに他の道はなかったのだろうかという問い。私の頭では考え付かなかった答え。それを作者も必死に探したのだと知ってなんだか安心した。作品を書くにあたり、ジェシの独白が頭にあったのなら、エリンの行く末も作者の無意識にはあったのかもしれない。でもきっと、読んで誰もが思うであろう、「他の道」が検討されていたという事は、エリンの人生の結末に救いをくれた気がする。


スポンサーサイト
2012. 08. 09  
映画化されてたので、おおよそのストーリーとかは知ってました。読む本がない~って時に家に転がってたので。

雷桜 (角川文庫)雷桜 (角川文庫)
(2004/02)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


雷雨の夜、庄屋の一人娘・遊が何者かに攫われた。家族が悲嘆に暮れ十数年が経ったころ、遊は戻ってきた。そのころ次男・助次郎は江戸で御三卿清水家へ士官が決まったが、当主の斉道は心の病に侵されており、遊の居る村へと静養に来ることになる。

遊と斉道のラブストーリーものかと思いきや、その部分は結構あっさり。遊が攫われるに至った経緯を探る部分とかミステリーっぽい。男女愛の物語でもあるのだけど、それ以上に家族愛の物語だ。斉道はそこに通りかかっただけのような気がする。それでも彼には救いになったのだろうが。遊の潔さが気持ちいい。
2012. 08. 03  
発売日の本屋、開店後3時間経っているのに見当たらないし、でもこの暑さの中、出直すとかやってられないし、店員に聞いたらバックヤードから出てきたv 著者のブログによると、角川文庫は発売日前でも店頭に並ぶ店もあるらしいのに…… いいなぁ、街中の本屋が使える人は。

RDG3 レッドデータガール  夏休みの過ごしかた (角川文庫)RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた (角川文庫)
(2012/07/25)
荻原 規子

商品詳細を見る


単行本で読んでいるので、収集&再読用。やっぱり読み返さないと忘れるし(^^;)
単行本読んだ時の感想はこちら

再読するに当たり、クライマックス部分の印象が強く残っていたのだけど、ページ数で見るとほんのちょっとなのよね。印象の強さと文章の長さって比例しないんだな。上橋菜穂子作品でも思うことだけれど。
この先を知ってると、この本で明かされることは少ないな。でも、これがないと宗田姉弟の掘り下げがたりないし。

「RDG6」は半年以内ってところでしょうか? 続きが気になるw

そうそう、この文庫についてるオビでアニメ化ってのが出てるんですが、いつOAなのだろう? NHKあたりが好きそうな感じだなぁとは思っていたのだけど、公式HPにも放送局は載ってないしな。
アニメ用のキャラクター原案は表紙と違う人なんだな。調べたら知ってるアニメのキャラ原案何本かやってる人だ。割と好感持てるな。今までの本の表紙はすべて泉水子だったので、深行のビジュアルにうぉぅと思った(笑) 泉水子はもっと地味でもよいのに…… アニメ版も是非見たい。
2012. 07. 27  
なんか読む本ないかなぁとブラブラしてて、なんとなく購入。

きみはポラリス (新潮文庫)きみはポラリス (新潮文庫)
(2011/02/26)
三浦 しをん

商品詳細を見る


11の短編集。恋愛をテーマにと依頼されることが多いという著者。依頼者に設定されたお題だったり、自ら設定したお題だったり。それぞれちがう、恋模様。

好きなのは後半に載ってた「森を歩く」「優雅な生活」「春太の毎日」「冬の一等星」かな。いろんな恋愛があるのだけど、基本ノーマルが好きなんでこうなるのか。影の少ない話が今の気分だったんだろう。
中村うさぎが巻末の解説で述べていることに、あぁ同じことを考えてる人がいると思った。彼女は表題と同じ短編タイトルはないけれど、それを表している美しい一文があると指摘している。読んだ時に、私も、あぁこれが表題だったのだとわかった一文。文章の中のどこにも出てこない表題と同じ言葉。この短編集に対する名づけは秀逸だ。
きっと世界中に溢れている話。当人にとっては唯一無二の大切な大切な話。
重すぎず、軽すぎず、特別な感動はないのだけど、割と良作と思った。
2012. 07. 20  
今年の直木賞作家になられましたねv 私は作品はポツポツ読んでいるものの、どういう方なのかっていうのは今回のニュースで初めて知ったことが多かったです。同世代だ…… すごいな。
ちなみに購入&完読はそのニュースより前(^^;) 暇だったのでなんとなく手に取り、裏表紙に「著者の新たな代表作」とあったので買ってみた本。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)
(2012/04/13)
辻村 深月

商品詳細を見る


地方都市を出て東京へ行ったみずほ。地元に残った同級生たちや幼馴染のチエミ。チエミが母親を殺して失踪した事件から半年。みずほは幼い頃の彼女との約束を思い出し、チエミの行方を探し始める。30歳になる微妙な年頃、それぞれ異なる20台を経た彼女たちの過去と現在。

なんだかなぁ、女性のドロドロした部分をよく描いているよ。幼い時には気づかなくとも、成長するにつれわかってくる価値観の差。埋めようがない溝。取り繕い。
母と娘の物語っていう。確かにそれもあるのだけど、印象に残ったのは同世代の女性たちのしがらみとかだな。私は人付き合いは苦手だ。表面上なら、それなりに上手くやっていけるようにはなってきたけど、それでも振り返れば人生で最もストレスの元となっているのが人間関係。とくに相手が女性で同年代もしくはちょっと上だと良い目を見たことがない。なので読んでるとちょっと疲れた。
ミステリーとしてはそこそこ面白く読めたんじゃないかな。意外性はあんまりなかったけど。


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

雪下千里 (ゆきもとせんり)

Author:雪下千里 (ゆきもとせんり)
暇があれば本を手に取る。無くても手にとって寝不足でフラフラしてたり。
最近はアニメを見るのにハマリ気味。読書より時間を費やしているかも…

+*+*+*+好きな本+*+*+*+
上橋菜穂子「守り人」「獣の奏者」
小野不由美「十二国記」
田郁
荻原規子
伊坂幸太郎
シリーズものとか長編好き。

+*+*+*+好きなDVD+*+*+*+
「ショーシャンクの空に」
「アメリ」
「バタフライエフェクト」
「有頂天ホテル」
「運動靴と赤い金魚」
宮崎アニメだと
ラピュタ>ナウシカ>もののけ>千尋…
↑とりあえず思いついたものだけ

FC2カウンター
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。